闇の警視 被弾 (祥伝社文庫)

  • 22人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 阿木慎太郎
  • 祥伝社 (2007年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396333560

闇の警視 被弾 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 前作、闇の警視(最後の抗争)から15年後という設定。
    壊滅されたはずの暴力組織もしぶとく生き残り、暴力団新法施行後、巧妙に法の網をかいくぐり、ロシアン・マフイアとも手を組んで拡大路線を図り、昔気質のテキ屋集団との一触触発の抗争状態。
    15年前に警視庁・非合法チームによる暴力団掃蕩作戦で非業の死を遂げたリーダーの遺志を継いだ新たなチームが、暴力組織壊滅の戦いに挑む。

    いくら暴力団が憎いからといって、なんで民間人の立場でそこまでやれるのか? という登場人物の心理面で、少々現実離れの感は否めませんが、迫真のハラドキものではありました。

    また、本書の続編になる作品があって、そちらを先に読んでしまい、その読感
    http://mogura7.zenno.info/~et/xoops/modules/amaxoop2/article.php?lid=5202

    でも記したのですが、やはり読む順番を間違えたとしかいいようがありません。

    (2008/4/25)

全1件中 1 - 1件を表示

阿木慎太郎の作品

闇の警視 被弾 (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする