I LOVE YOU (祥伝社文庫)

  • 4471人登録
  • 3.50評価
    • (239)
    • (530)
    • (848)
    • (101)
    • (17)
  • 484レビュー
  • 祥伝社 (2007年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (322ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396333751

I LOVE YOU (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • こちらは全員が男声作家の作品集です。
    あたりまえですが、海や空と一緒で、恋には数え切れないほどの、形、色、匂い、感触、音なんかがあって、だからこんな作品集を読めば読むほどに、恋の醍醐味やら気配やらを楽しめるわけです。伊阪幸太郎さん、石田衣良さん、市川拓司さん・・中でも私が一番やられたのは本田孝好さんの「Sidewalk Tolk」です。この発想はまず考えないですからね。どれも面白かった。オススメの一冊。読むアンチエイジング(笑)

  • 男性作家6人が贈る恋愛短編集。


    透明ポーラーベア / 伊坂幸太郎
    評価:★★★★☆(4.5)
    「繋がり」
    恋人や疎遠になった人との距離を、
    そのままの尺度で考えるんじゃなく、
    違う見方をすると気持ちが楽になる。
    その様を描いてると感じました。
    最後の展開が面白かったし、
    ()を使った描写が印象的でした。

    魔法のボタン / 石田衣良
    評価:★★★☆(3.5)
    「すぐ側に」
    幼馴染みが互いに異性として意識していく、お話。
    王道のストーリーですが、丁寧に描いていて引き込まれました。

    卒業写真 / 市川拓司
    評価:★★★★☆(4.5)
    「勘違い」
    この短編集の中で唯一、女性目線で描かれている作品。
    卒業以来、会ってなかった同級生に声を掛けられる。
    気兼ねなく話せた人なのか、初恋の人なのか。
    同じ名字の人だから、どっちか分からない。
    そんな展開にハラハラして一気に読めました。

    百瀬、こっちを向いて / 中田永一
    評価:★★★★★
    「偽りの関係」
    大学卒業を控え帰省した男性が先輩と再会し、
    昔の出来事を語り合う。
    いろんな要素が詰まっていて、終わり方もよかった。
    この短編集の中で一番好きです。

    突き抜けろ / 中村航
    評価:★★★
    「育むもの」
    恋愛を軸には置いてはいるが、
    主に描いているのは男の友情じゃないかと感じました。
    親友の紹介で出会った人によって、
    変わっていく男性の物語でしょう。

    Sidewalk Talk / 本多孝好
    評価:★★★★
    「記憶」
    離婚を決意した、一組の最後の晩餐。
    ~だったかもと当時のことを自分の中だけで振り返る男性と、
    もし~と仮定の話を相手にする女性の描写が、
    ふたりの関係性を表している気がしました。
    とてもいいラストシーンでした。

  • 6人の男性作家が書く恋愛小説。
    市川拓司さんの「卒業写真」がよかった。

  • 6人の作家さんの短編集。こういう小説は、好きな文体の作家さんを新たに探そうと思っている時に読みやすくていいと思う。もともと好きな作家さんのは楽しく読め、新たに長編を試してみたいという作家さんが現れて、少し得した気分。

  • ◇透明ポーラーベア(伊坂幸太郎)
    独特の文体がとても心地よく、主人公の姉の彼氏だった人と動物園で再会する、
    という設定に引き込まれました。
    最後まで姉と姉の元彼と主人公とその彼女の関係が気になって、夢中で最後まで読みました。
    さりげなく姉の歴代の元彼のエピソードを紹介したずっと後に、
    さりげなく特徴のあるキャラクターが描かれ、実は歴代の元彼たちだったのでは、という伏線の回収の仕方もすごいなあと思います。ミステリー要素のあるお話だと思いました。

    ◇魔法のボタン(石田衣良)
    小さい頃から気心のしれた男女のふたりが、男性の視点で優しい口調で語られていて、
    独特の世界観で素敵だなあと思いました。
    ずっと20年間も良いお友達同士として過去の恋愛話をしたり飲んだり、
    という間柄から、じょじょに女性らしさを出す女性と、そんな彼女に惹かれていく男性が
    とても可愛いお話でした。

    ◇卒業写真(市川拓司)
    スタバで中学の同級生と再会した主人公の女性視点のお話。
    当時のままのふっくらした柔和な男性に変わらないね、というと意外そうな顔をされた、
    というような伏線が仕掛けられていて、読み進めていくうちに予想外の結末で楽しかったです。
    二人とも魅力的なキャラクターで、読んでいてほっこりしました。

    ◇百瀬、こっちを向いて(中田永一)
    学校中で人気のある幼馴染をもった、クラスでは地味で目立たないグループにいる主人公。
    そんな彼が、美人の彼女を持つ幼馴染のことが好きな女子に、つきあうふりをしろと言われ、手伝うことに。
    そうしているうちに段々その女子を好きになってしまって、、、という内容で、すごくおもしろかったです。
    そして、あげた花言葉の意味から、
    数年前の浮気にとっくに気づいていた幼馴染の彼女の描写がおもしろかったです。
    主人公たちの仮面カップルの行方が気に入り、この話は単行本で探し出して購入しました。

    ◇突き抜けろ(中村航)
    週に三度電話をかけあう男女の物語、という設定がいいなあと思いました。
    破天荒なキャラクターに振り回される主人公たちがおもしろかったです。
    独特のルールがある付き合い方をしている登場人物たちの物語はとても魅力的だなあと思いました。
    主人公の、青年らしい悩みにぶつかっていく姿勢に好感が持てた作品でした。

    ◇Sidewalk Talk(本多孝好)
    別れの前兆がある前提から物語が始まり、男性が昔を回想しているという展開がおもしろかったです。
    二十歳のころに、つけていた香水を嗅いで、そのときの記憶を思い出したところからの物語の進行がとても良いなあと思いました。
    大人同士なんだけど、男性もかわいいし女性もかわいい作品でした。

  • アイラブユー。男性作家が書く短編恋愛小説。

    豪華な作家陣…映画化もされるみたいです。


    特によかったのは、やはり伊坂幸太郎さん。素直な恋愛ストーリーではなく、こうきたかと思わせるストーリー。繋がりを感じる話。素敵でした。

    あとは中田永一さん。始めこの人誰だ?と思っていたんですが、乙一さんが別名で書いたものみたいです。なんだ…恋愛物も書けるんじゃないか!憧れの先輩に頼まれた表向きだけの彼女。いつしか本当に好きになる。人間レベル2の主人公が初めての経験をする淡い感じ。すごくよかったです。

  • 6人の作家さんによる、6つのアンソロジー。
    恋愛をテーマに、ということらしいけれど、中には「これ、恋愛ものかなぁ」というのも交じっている気がします(笑)

    伊坂さんと、本多さんの2作が特にヒットしました。

  • 恋愛には未知の物語がある。初めて恋心を意識したとき、幼なじみに異性を見出したとき、彼女との間に微妙な心の距離を感じたとき、初恋の同級生と再会を果たしたとき、彼女と恋愛のルールを決めたとき、そして連れ添った相手との別れを予感したとき……
    さまざまな断片から生まれるストーリーを、注目の男性作家陣が紡ぐ、奇跡の恋愛アンソロジー。

  • 飽きっぽい私はこういう、一冊はありがたい。得した気分(^_^)
    『百瀬こっちをむいて』1番印象に残りました

  • 白クマのお話も、魔法のボタンも、卒業写真も、百瀬ちゃんも、木戸さんも、sidewalk talkも、全部好き!
    特に卒業写真の渡辺違いの勘違いがときめきました。
    白クマのお姉ちゃんの話は何か分かる気がして、
    ボタンのときめきは大人なのにもどかしい感じが好きで、
    先輩たちの腹の中が分からないところが魅力で、
    彼女はどこに行ったか分からないけど謎の木戸さんのキャラが立ってて、
    最後の食事をしながら香水の香りに気付いたあの瞬間、
    素敵な恋のお話を読んでるんるん気分です♪

全484件中 1 - 10件を表示

I LOVE YOU (祥伝社文庫)のその他の作品

I love you 単行本 I love you 伊坂幸太郎

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
伊坂 幸太郎
劇団ひとり
有効な右矢印 無効な右矢印

I LOVE YOU (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

I LOVE YOU (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

I LOVE YOU (祥伝社文庫)の作品紹介

恋愛には未知の物語がある。初めて恋心を意識したとき、幼なじみに異性を見出したとき、彼女とのあいだに微妙な心の距離を感じたとき、初恋の同級生と再会を果たしたとき、彼女と恋愛のルールを決めたとき、そして連れ添った相手との別れを予感したとき…さまざまな断片から生まれるストーリーを、注目の男性作家陣が紡ぐ、奇蹟の恋愛アンソロジー。

ツイートする