泳げ、唐獅子牡丹 (祥伝社文庫)

  • 25人登録
  • 3.82評価
    • (3)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 菊池幸見
  • 祥伝社 (2008年6月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396334307

泳げ、唐獅子牡丹 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発想と水泳シーンの描写が○!
    しかしどうせならテロリストとも水泳で勝負して欲しかった。。

  •  やくざの裕次郎は,今でも水泳で体を鍛えている元スイマー。ひょんなことから,地元のスイミングスクールの対抗水泳大会に出て戦うこととなる。ライバルの組も絡んできて・・・。
     まぁ,ライトノベル感覚で読んでいただく分には,気楽に楽しめる一冊。
     でも自分ととしては,同じくやくざがらみの世界のお話では,「任侠学園」の方がお勧めです。

  • こゝろ優しきお父さんの家族愛のお話。
    ぶっとんでる設定なんだけど、このお父さんの力はすごいなぁと思います。これくらいの父親になれたらすごいだろうなぁ…。

  • 面白かった。ヤクザの裕次郎がとにかくカッコイイ。

  • 09.01.08〜09.01.13 読了

  • 7/16

全7件中 1 - 7件を表示

菊池幸見の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
浅田 次郎
湊 かなえ
有効な右矢印 無効な右矢印

泳げ、唐獅子牡丹 (祥伝社文庫)の作品紹介

黒沢裕次郎、表の顔はバリバリの青年実業家、裏の顔はヤクザの組長にして、元・水泳の名選手。今も密かに"日本新記録"に挑戦中だ。そんな裕次郎が、ひょんなことから地元・盛岡のクラブ対抗水泳大会に出場することに。しかも敵のチームには長年の仇、熊坂組もからんでいて…。この喧嘩買った!背中の唐獅子牡丹に誓って、いざ、ここが男の見せどころ。

泳げ、唐獅子牡丹 (祥伝社文庫)はこんな本です

泳げ、唐獅子牡丹 (祥伝社文庫)の単行本

泳げ、唐獅子牡丹 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする