恋する死体 警視庁幽霊係(祥伝社文庫)

  • 89人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (10)
    • (13)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 天野頌子
  • 祥伝社 (2009年8月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335250

恋する死体 警視庁幽霊係(祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  人物視点の移動があわただしく「あれ? こう考えているんは誰?」となる。
     あと主人公の影が薄く、相変わらず三谷さんが好きです。

  • 先輩の元同僚が死んでしまった。
    どうも、病死ではないらしい。
    原因究明のため、
    お手伝いをする幽霊が見える柏木くん。
    ますます、体調がよくないようで。

    牛乳が手離せないようだけど、
    牛乳って胃に負担かかりそうだけどなぁ・・
    健康診断行ってね。

    今回は、幽霊係の個性的な能力の持ち主が
    いっぱい出てきた。
    さらりと読めて面白かった。

    解剖好きの医者を
    ドクター・カイボウスキーって・・
    うまいっ。

  • 今回は長編1本ということもあって色々と仕掛けが凝らしてあり、読み応えがありました。事件の方も二転三転するダイナミックな話になっていると思います。
    前回は名前だけしか出ていなかった特殊捜査室のメンバーが登場してきたことで、一気に賑やかになった気がします。
    怪しいなぁと思ってた人がやっぱり怪しかったり、消えそうだなぁと思ってた人が消えていったりと大まかな想像が外れない反面、黒幕については意表を突かれたりと面白く読めて満足しました。

  • あっさり読み終わっちゃいました。
    往年の赤川次郎さん辺り(三毛猫ホームズとか)が好きな方にはいいかも。
    ある意味ファンタジーでした。設定とかいろいろ。

  • どことなく少女小説(懐かしのティーズハートとか、コバルトとか)を彷彿とさせる挿絵に設定なんだけど、面白かった!簡単だからスラスラ読めるのもよし。シリーズ物みたいだから、是非他のも見なければ!と思いました。

  • 登場人物(特に主人公の同僚。キワモノばかり)は個性的だし、幽霊の女の子はかわいいし、内容もまぁ面白い…んだけど、このシリーズどこから読んでいいのかよくわからない。

全7件中 1 - 7件を表示

天野頌子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

恋する死体 警視庁幽霊係(祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋する死体 警視庁幽霊係(祥伝社文庫)の新書

恋する死体 警視庁幽霊係(祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする