新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)

  • 8553人登録
  • 3.80評価
    • (661)
    • (1284)
    • (927)
    • (135)
    • (19)
  • 939レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 祥伝社 (2009年10月15日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335335

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)の感想・レビュー・書評

  • どの作品も印象的。森見作品おなじみのノリのギャグとして振り切れているのは表題作。「『美しく青きドナウ』に、ブリーフ一丁だと!なんということを!全裸より破廉恥だ!」
    『桜の森の満開の下』の現代的な物哀しさが心に残る。

  • 名作5話を現代の京都の街でおきかえた『新釈』の短編集。

    森見ワールドにひきこまれ、あっという間の5話。もっと読みたい!!



    走れメロスはほんとにおもしろくて。

    馬鹿馬鹿しくて一生懸命でぬるくて変態で爽快!

    これぞ青春です。出てくる京都の街がほんとに愛しい。

    くだらなくも美しくてきゅんとする森見さんのことば大好きです。

  • 見事なまでに森見登美彦風にアレンジされた名作の数々
    京都を舞台に腐れ大学生共が原作再現・・・・・・とはいかない。
    三月記は結構原作再現できていたような気がする。主人公が腐れ大学生でなければ。
    藪の中は本当に真実が見えなくて「なんだこれは」と思ってしまう作品。あと往々にし登場人物がゆがんだ変態しかいない。
    走れメロスは「健康で明朗」という元の作品のスタンスをひっくり返すようなバカ話になっている。

    どの作品も森見登美彦の世界観にきっちりあてはめられていて面白かった。

  • ★4.0
    再読。タイトルを聞いたことがある近代文学の名作が、京都を舞台に森見節で復活!「山月記」は天狗に、「藪の中」はサディスティックな恋愛に、「走れメロス」は桃色ブリーフに!という風に、まさかの置換がやたらと面白い。中でも「走れメロス」はご丁寧に逃走図つきで、芹名との友情を証明するために芽野が京都の街を逃げまくる。その先に結成される“桃色ブリーフズ”は、おぞましくも一度は見てみたい気も(笑)。それにしても、斎藤秀太郎の活躍が凄い。芽野と芹名、鵜山くんも癖があるけれど、斎藤秀太郎が誰よりも印象に残る。

  • 坂口安吾 満開の桜の樹の下で

  • 森見登美彦が古典的名作5つを現代版風に書き直した短編集。私の教養が足りず、5つの内、走れメロスと山月記しか元を知らなかった。しかし、それでも面白い。個人的には走れメロスと桜の森の満開の下が好き。大小あれど、どの編にも森見節が炸裂しており、読んでいて楽しさの感情が膨れ上がる。メロスなんかは特に。図書館警察長と友の会話に笑ってしまった。
    ただそうはいっても、森見節は他の作品と比べると抑えられているように思える。あの絶妙な文章力に期待していると肩透かしをくらってしまう。
    また、原作を知っていた方がより楽しめると思う。知らなくても面白いのはその通りだが、知っているメロスや山月記は、こうしてきたかという比較する楽しさが得られる。
    個人的には短編集というのも物足りない。1冊一作品の方がやはり濃い内容で面白さもより堪能できる気がしてならない。
    とは言っても、短編ならではの読みやすさもあり、損した気分は皆無。森見登美彦ファンなら読んでおくべき一冊だろう。そうでない人は、まずは他の森見作品を読むことをお勧めしたい。色々読んで森見登美彦にハマり、気色の違う物が読みたいと思ったときに手を出してほしい作品。

  • しょうもない話と不可思議な話、しんみりした話が入り乱れていて面白い。

  • 開架(1階学生選書) B913.6-モリ 300307444
    メロスがもし京都の大学生だったら・・・そんな感じのコメディです。
    その他にも名作が森見さんらしくアレンジされていて、おすすめの短編集です。

  • 教科書で読んだことのあるような名作たちが、森見ワールドの中で、新たな物語として生まれ変わっていました。
    長らく読んでいなかったり、未読の原典もあったので、読み比べながら本書を読みました。
    エッセンスは残しつつも、舞台は森見作品定番の京都。主人公はみな阿呆な大学生。ここまで森見ワールドに染まれるのか!と笑ってしまった。
    所々に見られる他作品のキャラクターたちが微笑ましかったです。
    改めて著名な文豪たちの作品を読み直すきっかけにもなってよかった(^_^)

  • 試みは面白いが成功しているかは、微妙な印象。複数の作者によるアンソロジーを編んだらもっと面白いのでは?

  • 森見登美彦が描く過去の名作。

    山月記
    藪の中
    走れメロス
    桜の森の満開の下
    百物語

    走れメロスを教科書で読んだくらいしかない私でも
    面白く読みやすく原作を読んでみたくなりました。

    「走れメロス」は森見作品おなじみの詭弁論部が。
    ちょっとおかしな方向に全身全霊をかける姿がたまりません。でも、なんだか素敵だと思ってしまいました。

    「桜の森の満開の下」は上記と打って変わった世界観が広がっています。原作が違うんで当たり前ですが。たまに出る森見さんのいつもと違う部分を見ることができました。ペンギンハイウェイでも味わった感覚です^^

    原作読んでみたくなりました。

  • 原作を読みたくなった。

  • 本ってこうやって読むと楽しいんだなって教えてくれた本。
    変幻自在に耐えうる近代文学は本当にすごいと改めて痛感した。

  • ブックオフで前々から買いたかったんだが、この度非常にお手頃な値段に下がっていたので思い切って買ってしまった。

    近代日本文学の古典的短編集を森見登美彦流にアレンジして書き直したものであり、時代も作者も全く異なる作品をチョイスしているのにストーリーにつながりがあり、登場人物も共通しているという森見登美彦の妙技ここにありといった感じで面白かった。

    ただもう少しストーリーに連続性があったり、山月記でのこの部分が走れメロスのあの部分でフラグ回収したか!みたいな関連性があったらもっと楽しめたかもしれん。

    まあ作品ごとに文調変えてたし、多分作品間で連続性を持たせるよりも各原作を尊重するスタンスだったのだろう(適当)

  • 181

    2016年では61冊

  • ポスト・モダーン以後の小説、なのかも知れないが、どういう形であれ読める /読むことが可能な物語が書かれてしまう(現に出版されている)事実は不思議な気がする。 113

  • 森見登美彦の‘新釈’走れメロス。森見登美彦作品を知ってる方ならすぐにどんな新釈かわかるはずです。ひとことで言えばユーモア全開のパロディ。この作品は短編集で、著名な文学作品を題材とした5編が収録されています。特に面白いのは、表題作走れメロス。原作通り、ある1人の青年(大学生)が友人のために走ります。ただし、舞台は森見作品お約束の京都。彼はなんのために走るのか…。思わず笑ってしまうような理由があります。ぜひ手にとって読んでみてください!
    蔵書なし
    チャンプ本
    linokrock

  • 2016.5.9読了。正直こんなのも書けるんだ!と思った。『走れメロス』はザ・森見作品っといった感じなのだが、『藪の中』や『桜の森の満開の下』は今まで読んだどの作品とも雰囲気が異なっていたからだ。なんというかいかにも文学作品らしいって感じ?桜のは特に。それでも随所に別の森見作品に出てくる内容が散りばめられてるから「森見作品」であると分かるのだがかなり新鮮だった。そして今回も一瞬だけだが林檎やらが出てきて嬉しかったし楽しかった。夢の国で隠れ○ッキーを探す感じに近いんだと思う。そして森見登美彦作品はちょいちょい難解な漢字や言葉が出てくるのだが今回はとくに文学作品をもとにしてるせいもあり、読めない漢字や知らない言葉がいつにも増して出てくるからいい勉強になった。「冠木門」とか見たことあるけど名前も読み方知らなかったわー。残念ながら私は『山月記』と『走れメロス』以外の作品の原作を読んだことがない。機会ができたらちゃんと読もう。そして表紙と地図などの装丁が良い。特に目次の見せ方は秀逸だと思う。

  • 所在:紀三井寺館1F 請求記号:Browsing
    和医大OPAC→http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=84789

    誰もが知ってるあの名作達の現代版!
    舞台は京都!

    京の街を爆走するユーモアあふれる新しい『走れメロス』!
    ほか4編。
    森見登美彦ワールド全開!
    原作を知っていても、知らなくても楽しめる愉快な短編集です!

    (※和歌でいうところの本歌取りとも言えそうな…太宰も芥川も読んだことなくても楽しめるに違いありませんが、しかし京都のあれこれには詳しいほうが楽しめるのが森見作品なのでは!(←力づよく)作中に「喫茶進々堂」とか、固有名詞が出てきた日には…そこに行ったことあると、なんだかわくわくしますよね(^^)
    下記、【併読のススメ】として挙げている『夜は短し~』とともに、京都案内としても楽しめる本たち。)

    【併読のススメ】
    森見登美彦『夜は短し歩けよ乙女』
    和医大OPAC http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=67889

  • 京都の阿呆大学生の話。相変わらずの森美節で面白い

  • 山月記
    藪の中
    走れメロス
    桜の森の満開の下
    百物語

  • 森見氏の著書は、私にとって「ただ言葉を楽しむことができる」最良のものです。
    面白いことはよきことかな!

  • 「新釈 走れメロス 他四篇」
    日本一愉快な青春小説。こんな友情もあったのか。


    大枠の世界観は守りつつも、舞台やら登場人物やらが、森見登美彦氏によって多大にパロディ化されています。新釈という表現がぴったりな作品です。名作が此処まで姿を変えるとは。


    森見味が加わった過去の名作は、


    ◇太宰治「走れメロス」
    ◇中島敦「山月記」
    ◇芥川龍之介「藪の中」
    ◇坂口安吾「桜の森の満開の下」
    ◇森鴎外「百物語」
    順不同

    の5編です。何となく堅そうな作家ばかりなので、新釈版の自分の小説を読んだら怒ってしまうんじゃないんですかね。怒る彼らを森見さんが宥める、いやいや、どれだけ敬意がこもっているいるのかを熱弁する姿を想像してしまう。


    一番面白かったのは、「走れメロス」。一番印象深いのは「山月記」です。「走れメロス」は、馬鹿馬鹿しさが凄まじいことこの上ないです。自分を如何に正当なのか、自己弁護且つその様を自画自賛するこ奴は、ちょっとぶっ飛んでいるけど潔い。特に「自分が戻ってこないことを知った上で人質を受け入れた親友の気持ちに応える為には、自分は戻るべきではないのだ!」を胸を張る姿は、なるほど!と思っちゃう。こじつけだけど一理あるぞとw


    一方、「山月記」は、メロスと違い、重い仕上げになっています。人の内省の揺れが、びりびりと伝わって怖さを感じさせます。「自分には才能がある。他人とは違うのだ」と本気で信じて生きてきた人間が、壁にぶつかり、そこで真に向き合うべき心から目を避けてしまって天狗へと昇華する。最後に、一冊ぽとりと落ちる書き溜めた小説が、とても哀しい。


    名作とは、とっつき憎いと感じる人が多いと思います。そんな人にはまず森見版から入ってみませんか?とお勧めしたいですね。

全939件中 1 - 25件を表示

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)に関連する談話室の質問

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)に関連するまとめ

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)はこんな本です

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)の単行本

新釈 走れメロス 他四篇 (祥伝社文庫 も 10-1)のKindle版

ツイートする