俺が俺に殺されて (祥伝社文庫)

  • 41人登録
  • 2.76評価
    • (1)
    • (2)
    • (9)
    • (2)
    • (3)
  • 7レビュー
著者 : 蒼井上鷹
  • 祥伝社 (2010年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (352ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335830

俺が俺に殺されて (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この作者の作品は何作か読んでいるけど一番つまんない作品だと現時点で思った。

    設定は面白いのだけどとにかく全体的に読みにくくてつらかった

  • 殺された俺の魂が殺した男の体に入ってしまった。同じ頃、殺された俺の兄も死んだ。俺はどうするのか?事件の真相は?など、どうなっていくのか気になってどんどん読んでいってしまう。しかし、消化不良な感じ。

  • 入れ替わりものだ!『人格転移の殺人』みたいな話かなと期待して読んだ。しかし作中でも言っている通り、むさい男同士というかなりガッカリな入れ替わりものである。
    入れ替わりものでお約束の、「態度や言動が普段と違い不審に思われる」シチュを、特殊かつ悲しい方法で回避しているのは面白かったし、ラストもまあまあ決まっている。
    が、入れ替わりのお約束を期待していると、スカされるので、ドタバタギャグミステリとして読むのがよいと思う。

  • 2013/02/07
    移動中

  • 蒼井作品と言えば、「六枚のとんかつ」ばりの軽やかなショートショートが売りなので、中~長編はちょっと、難しかったかな?というのが感想。


    俺、こと英次は、大嫌いなマスター・別所に殺され、あげくに別所の体に憑依、というか完全に意識を支配してしまう。恋人・秋穂には軽蔑され嫌われ、しかも今の俺(別所)は、元・俺(英次)の姉に不倫を迫られている関係。自分を殺した犯人の体にいるころされた被害者の俺は、俺(肉体・別所)の無実を証明できるのか?しかも元・俺(英次)の兄が転倒して事故死し、恋人だと思っていた秋穂は兄をかばいだてしたうえで、今の俺(別所)を犯人だと責め、自白を促す。


    え、俺(別所の体に入った英次の精神)は、俺(英次)を殺した罪で捕まるのか、それとも兄殺しで捕まるのか?


    ほめようと思えば軽妙洒脱なんだけど、言い方によってはちゃかちゃかしすぎて軽い。投入されている野球の熱烈なファンというギミック?も、悪くはないんだけど多分ね、えーと、男性じゃないとわかりにくいんじゃないかな?




    野球とかのスポーツに熱を入れる女性はいなくはないけど、ジンクスとか決めたりその観戦でつるむとかってなぜかここ、男性の天下よね?つれションする男性はあまりいないけど、野球観戦とか草野球とかだと、なぜに徒党を組み男性が団子のように集うのか。あるいは秋葉原などでアイドルを追っかける男性陣、あれはいつもならばみな、「男には7人の敵が!」のことわざ?もどこへやら、えらく仲良く団結してるじゃないのさねぇねぇねぇ。

    そう考えるとスポーツとかアイドルってなんか、フシギな力を持って男性の競争心を群れ集う草食動物に変えるのかもしんないねーとか思うのだった。


    あれ、感想文書いているはずだったんだけど・・あれ、あたし、どこいっちゃった?


    もしかしたら憑依モノなんて読んでいて、あたしの魂もぽわぽわ、どっかに浮遊しちゃったのかもしんないな、ってことで、今日はここで、どろん!

  • めまぐるしい。面白いけど、大味な感じも。

全7件中 1 - 7件を表示

蒼井上鷹の作品

俺が俺に殺されて (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

俺が俺に殺されて (祥伝社文庫)はこんな本です

俺が俺に殺されて (祥伝社文庫)の新書

ツイートする