仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)

  • 156人登録
  • 3.54評価
    • (5)
    • (14)
    • (17)
    • (3)
    • (0)
  • 10レビュー
著者 : 佐伯泰英
  • 祥伝社 (2010年6月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396335861

仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 9月-10。3.0点。
    茨城の米津道場を再建する清之助。
    一方惣三郎と神保は、武者修行のためにとんでもないところへ。
    進みが遅い。早く江戸へ帰れ、清之助。

  • とうとう尾張柳生道場にやってきた二人。

  • みわちゃん結婚。

  • 佐伯泰英の「密命」シリーズ23弾。
    眠狂四郎の円月殺法のようなノリはそれはそれで楽しいが、金杉清之助はちょっと堅物過ぎたのではないか?

  • 2010/9/23
    巨人の星か?

  • 第二十三弾
    江戸と鹿島と尾張で同時進行で進んでいく。
    登場人物がなじみがあるので読みやすい。
    尾張には手駒が無くなりつつあるのか、次回作をのんびりと待つ

  • お父さんのほうに頑張って欲しいw

  • 清之助は鹿島へ、惣三郎は神保桂次郎と尾張へ。次巻あたりで試合が始まるのかな。みわと昇平がやっと結婚できておめでとう。

  • 6/17-6/19

  • 購入した日:2010/06/11
    読了した日:2010/06/12

    密命最新刊。
    サブタイトルで、剣術大会の巻ではないことを知る。
    ちょっとがっかり。

    ただ、仇敵とあるタイトル通りの
    意外な展開が。

    次回を待たれる展開。

全10件中 1 - 10件を表示

佐伯泰英の作品

仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

仇敵― 密命・決戦前夜〈巻之二十三〉 (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする