帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)

  • 76人登録
  • 3.81評価
    • (5)
    • (13)
    • (8)
    • (1)
    • (0)
  • 7レビュー
著者 : 辻堂魁
  • 祥伝社 (2010年10月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396336219

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    日本橋小網町の醤油酢問屋「広国屋」に風のように一人の男が現われた。“算盤侍”の唐木市兵衛である。使用人の不正を明らかにしてほしいということだったが、折しも広国屋で使う艀に直買い(密輸)の嫌疑がかかっていた。市兵衛は店を牛耳る番頭の背後にいる、古河藩の存在を知る。その側用人と番頭の企みとは?風の剣を揮う市兵衛の活躍やいかに。

    平成29年2月21日~3月2日

  • 今回も市兵衛の活躍が楽しめた。いつものメンバーがそれぞれにいい味を出していた。頼りない広国屋の主も最後の方では頑張ったしめでたしめでたし^^

  • 風の市兵衛シリーズ第3弾。
    使用人の不正を明らかにしてほしいと依頼された市兵衛は、老舗の醤油酢問屋「広国屋」に入り込む。店を牛耳っているのは番頭で年若い主人は口を出せず萎縮しているのだが、どうやら密輸の疑いが…
    醤油屋の様子や内情が実に細かいのを深いと感じるか冗長と思うか。悪党はテンプレな組み合わせだが、ラストのチャンバラを含め安定した勧善懲悪。

  • 第三弾
    今回は老中の側用人と老舗を乗っ取ろうとする大番頭が登場
    美しく聡明な姉と双子の娘、相手方の仕掛けが強引すぎ
    なんとなくハッピイな結末

  • 風の市兵衛シリーズ第3弾!
    相変わらず上手な話の盛り込み!
    今回は藩が行う密入国・お家騒動
    面白い!読むべし!

  • 醤油酢問屋の窮地を持ち前の算術・剣術で救うべく動く唐木市兵衛。徐々に市兵衛の生い立ちも明らかになってくる。
    このシリーズのすごいところは主人公市兵衛を含め、登場人物の心の動きがきちんと書かれているところではないだろうか。その為か読後感も爽やかだ。

  • 10/16-10/16

全7件中 1 - 7件を表示

辻堂魁の作品

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)を本棚に登録しているひと

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)はこんな本です

帰り船 〔風の市兵衛〕 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする