幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)

  • 193人登録
  • 3.80評価
    • (18)
    • (28)
    • (20)
    • (3)
    • (2)
  • 21レビュー
著者 : 加治将一
  • 祥伝社 (2011年6月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396336882

幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 下巻もあっという間に読み終わりました。
    歴史ミステリーがお好きな方はドキドキしながら読めると思います。

    学校では明治維新以降はあまり詳しく習わなかったと思うので、もっと歴史に詳しければもっと楽しめたかなと思います。
    歴史を勉強し直したくなりました。

  • 南北朝?いつの話だ…と思いつつ、読み進めていくうちに、ある程度の説得力を感じる。明治天皇すり替えねえ…。たしかに、明治維新の鮮やかな方向転換や、欧米との強固な関係は不思議ではあるが…今後、この説を念頭に置きつつ、自分なりの検証が必要かな。

  • なかなか面白かったし、かなり信ぴょう性がある気もする。「明治天皇の幼少期?」という写真は、ちょっと笑ってしまうが、本当だったとしたら、やっぱり後の明治天皇とはあまりにも違いすぎるような気がする。
    もし本当のことだったとしても、天皇をどうするだとか、天皇制をどうするだとか、なにかが不安定になるようなことはあってはならないな。そういうことも含めて、既に今の世の中が成立していて、それで真なり、ということだろう。

  • なんだかんだ言って、この本も読んでしまった。エンターテイメントとして、それなりに楽しめたのでよし。

  • こじつけ的で、?と思うところが随所にある。例えば、南朝の末裔が毛利氏に囲われていた、というのは、時期的にどうなんだろう。毛利氏が戦国大名として勢力を伸ばしたのは戦国時代も後半、元就の代じゃなかったっけ。フルベッキ写真、幕末の志士と結構似てるような気もするが、さすがに西郷隆盛は無理なんじゃないかな。まあ小説だからなあ。ただ、素朴な疑問として、北朝系の明治天皇を戴いている明治政府が、南朝や南朝の功臣を奉ったのだろう?水戸学と関係あるのかな。

  • なんとなく・・・ちょっと・・・・面白そうだったんだけど、落ち着く先がそんなとこ????・・・って言う感じでした。

  • 初めて知った「明治天皇」の入れ替わり説。あくまでも本作は「小説」として読んだけど、何があってもおかしくなかった幕末と明治初期。天皇の入れ替えなんてあり得ないと思うけど、何があってもおかしくなった時代だからこそだと思うと、なるほどなという部分もあり。
    私が本作を理解していないのだと思うが、なぜそんなに南朝に肩入れするのかがわからなかった。後醍醐天皇に魅力があったとは思えないし、三種の神器は当時、それほどのものだったということなのだろうか。学校で習い司馬遼太郎でイメージした幕末の藩士たちのイメージが結構変わった。「小説」として読んだはずなのに笑
    望月にどうにも好感がもてず★は3つ

  • 下巻になって、謎の解き明かしがどんどん始まる。フルベッキ写真の中央に写る少年は高貴な装いに見えるが、その前後の生い立ちは分からない。また、それまで北朝系の天皇であったにも関わらず、明治になってから、南朝を厚遇するようになり、180度転換している。こんなことから、孝仁天皇の息子である睦仁は暗殺されて、この写真の中央に写る少年にすりかわったのではないかと推理する。ミステリーの要素も加えたストーリー展開でとても面白かった。幕末の流れに違和感を持っていたが、このストーリーなら、イメージが湧く。

  • 幕末の志士がそろった「フルベッキ写真」。その真贋を求め、各地を巡る望月真司は奈良県吉野で南北朝の謎、佐賀で「佐賀の乱」に隠されたものに気づく。だがその時、彼の邪魔をしようとする集団の姿が!? それでも望月は調査を進め、長崎、鹿児島、山口県柳井へと赴く。そして辿り着く明治政府、天皇家の隠された驚愕の事実とは…?明治維新の舞台裏を暴く幕末ミステリー。

    祥伝社(2007.04)
    祥伝社文庫 上・下(2011.06)

  • 2014.1.5-2014.1.6
    『天皇の世紀』を読むと、明治維新における英国をはじめとする諸外国の影響力が大きかつたことが分かる。こんな本を書きたくなる気持ちも分かる気がする。

全21件中 1 - 10件を表示

加治将一の作品

幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幕末 維新の暗号(下) 群像写真はなぜ撮られ、そして抹殺されたのか (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする