滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)

  • 75人登録
  • 3.77評価
    • (4)
    • (10)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 渡辺裕之
  • 祥伝社 (2012年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396337629

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 国際政治

  • 久しぶりに読みました。
    悪くはないが、なんか残念な
    気持ちになったんですよね。

    何だろう。
    展開が早い?
    その分、雑な感じが?

    うーん(−_−;)

  • 「ふ~~ん」て感じかな。つまらないのではない。ジャンルが私には不向きって事なのでしょう。

  • 傭兵代理店の最終巻です。
    渡辺裕之さんを知ったのはこのシリーズです。
    毎刊楽しみにしてました。

    ストーリーは書きませんが、武器や戦闘時の描写が詳しくて、惹き込まれます。

    回想シーンなどもあり、昔を思い起こさせます。
    新たなシリーズを楽しみにしてます。

全4件中 1 - 4件を表示

渡辺裕之の作品

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)の作品紹介

暗殺集団"ヴォールク"を殱滅させるべく、傭兵・藤堂浩志は決死のチームで敵の本拠地があるモスクワを目指す。執拗な追手を振り切りヨーロッパ大陸に降り立った浩志ら。だが行く先々で次々と敵が襲い来る。何故敵に動きを読まれたのか?そして追い迫る忌まわしきコードネームを持つ"処刑人"とは!?浩志らの決死の戦いが始まった…。シリーズ最大興奮の最終巻。書下ろし。

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)はこんな本です

滅びの終曲 傭兵代理店 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする