ざ・りべんじ (祥伝社文庫)

  • 15人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 安達瑶
  • 祥伝社 (2012年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396338046

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 竜二と大介の2重人格コンビシリーズ。
    少年犯罪の元受刑者は次々に殺されていく事件に,竜二と大介が巻き込まれて,おもに竜二の力だけで解決する。
    このシリーズは品がなくてあまり好きではなかったが,だんだんと竜二のキャラに愛着が湧いてきた。

  • 2013.2.28

全2件中 1 - 2件を表示

安達瑶の作品

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)の作品紹介

白いセーラーの上衣が闇に浮かび上がった。女が弾かれるように飛び退き、身を翻す。倒れた男の首筋から、どす黒い液体が噴き上がった-。凶悪な少年犯罪の主犯とされた二人が、たて続けに謎の死を遂げた。それに呼応し、ネット上には少年たちに殺された少女の復讐という噂と事件の映像が流出。善と悪の二重人格者・竜二&大介が、連続殺人の闇に切り込む長編サスペンス。

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)はこんな本です

ざ・りべんじ (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする