幸福な生活 (祥伝社文庫)

  • 5658人登録
  • 3.32評価
    • (217)
    • (683)
    • (885)
    • (276)
    • (81)
  • 750レビュー
著者 : 百田尚樹
  • 祥伝社 (2013年12月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (344ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396338916

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
高野 和明
伊坂 幸太郎
朝井 リョウ
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福な生活 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「幸福な生活」
    その内容を全く知らず、いつもの古本屋さんで、ただ、百田尚樹さんの本、という理由で手に入れました。

    タイトルから想像して、ほのぼのとした作品?あるいはホロリと泣ける作品?
    なんて、勝手に想像していたらこれが・・・
    ショートショートでした。
    それも、かなりブラックです!!

    本を購入したら、その帯はすぐに取ります。
    理由はただ単に読みにくいから。
    いつも読み終わった後、本棚にしまう前にはずしておいた帯をつけるのですが、その帯に
      衝撃のラスト1行!
      そのページをめくる勇気はありますか?
    と。

    そうなんです!
    この本、19編の短編が収録されているのですが、最後の1行は全て、新たにめくったページに書かれているのです。
    めっくった瞬間、「ド~~~~~ン!!」って。

    最初の「母の記憶」を読んだ時にはページをめくったらそんなことが待っているなんて思ってもみなかったので、気が付けば「怖すぎる~!!」って声に出してました。

    最後の1行は「恐っ!」あり、「ん~~~!」あり、「え〝===!」あり、「・・・・・・」あり、「???」あり、「そうきたか~!」あり、「そうくると思ってたわ~!」あり、「やっぱりな~!」あり。
    楽しめました。

    解説で宮藤官九郎さんが「百田さんは「作風」を持たない作家さんだなと思いました。著者名を隠して幾つか読み比べたら同じ作家だが書いたと気がつくだろうか」と書かれています。
    私もそう思います。

    百田さんの本、今度はどんなふうに裏切ってくれるだろうと楽しみです。

  • 百田氏の著作は今まで長編しか読んできていなかったので、短編集はどんなもんだろうと思い手に取ってみた。丁度自分の中で「ショートショート」ブームが起こりつつあるので、巧みな構成力を必要とするショートショート、百田氏はどう興奮させてくれるかなと期待しながら読んでみた。
    ページをめくったラスト一行が衝撃のオチ。ぎゃっと叫びそうになったもの多数。どういうことかと読み直してみれば、さりげなく伏線が張られていて、そのひそかな仕掛けの巧さに脱帽。ラストのどんでん返しが予想外のこともあれば、じわじわと結末を匂わせるものもあり。全体的にダークでブラックな作風で、女性が語り手の作品はあっても、男目線だなぁと感じました。俗っぽい展開が多かったので、もっとコミカルなもの、うるっとくるものも読みたかったな。
    完成度にばらつきがあったとはいえ、思わず唸ってしまうほど見事な作品もあり。特に「賭けられた女」は、海外短編の名作、ダールの「南から来た男」を絡めてきて、巧いなあ~と思わされた。
    個人的には百田作品は長編の方が好みだけど、つくづく器用な方だと改めて感じた。是非第二弾のショートショートも出してほしいな。

  • 『永遠の0』や『海賊とよばれた男』の百田さんによる短編集。
    その全ての話が、ラスト1行で“ひっくり返る”という仕掛けつき。

    『影法師』や『風の中のマリア』などのシリアス系でもなく、
    『「黄金のバンタム」を破った男』などの骨太でもありません。

    ホラー、ミステリー、愛憎劇、様々なネタを提供していますが、
    共通しているのは、どこか人を喰ったアイロニーを感じる点でしょうか。

    どちらかというと『夢を売る男』との類似性、でしょうか。

    それにしても、この方の著作を思い返してみると、、
    到底同じ方が書かれた内容とは思えません。。

    本当に多才だなぁ、、と思います。
    次の著作はどんな仕掛けで来るのか、楽しみにしていようと思います。

  • 永遠の0、海賊と呼ばれた男などで知られる百田尚樹さんが送る短編集です。ひとつひとつの物語が20ページ程度でまとめられており、短いスキマ時間でも読みやすい作品でした。

    またこの作品の中の作品は全て最後のページに最後の1行のみが来るようになっていて、強烈な結末を導いています。途中まではごく普通の小説なのに、最後の最後で大きくひっくり返される。最後のページをめくるまで何が起こるか分からない。そのような作品に仕上がっていて、とてもおもしろい1冊でした。

    2017/5/10開催ビブリオバトル 第2回チャンプ本

    e_chan
    本館2階学習室(日本の小説)
    913.6 Hy

  • 最後にどんでん返しのあるショートショート。恋愛関係の相手や夫婦の過去、主に男女関係や二面性などが題材になっているものが多いが、どれもブラックユーモア的で面白い。その中で再会だけは別れた暴力夫が死ぬ間際に生き霊となり妻に謝り後悔の気持ちを伝えるとともに、今の交際相手が何人もに手を出すような男だと知らせに来る話でちょっとホロリとする。

  • 2冊め。一見幸せな家庭の秘密。といったところがテーマの短編集。当然というべきか、不倫の話は多くなる。
    テレビのショートドラマを見ている感覚で、作者の得意分野なのだな。ラスト一行の衝撃とかなんとか謳っているだけあって気を使われて書かれ・編集されている。
    ショートショートなので、え、そこで終わり?!感は割りとあると思うけど好き嫌い分かれるかしら。
    おぉ。とか、ふむ。とかいいながらの気軽な読書に最適ですね。そういう読み方をできるというのはとても良質な小説だと思うのです。
    80万部の帯文はあんま好きじゃない笑

  • ラスト一行の戦慄と旋律。性格が良く、性格が悪い。そんな作家性が現れている。再読必至のショートショート。

  • 短編なのでさくさく読めます。最後の一行だけ別ページにしてあり、ブラックあり、ホラーあり、楽しめます!同じジャンルは二度と書かないという百田さん、さすがです。

  • 短編集、というかショートショート。最後の1行がオチになっていて、必ずその“最後の1行”がページをめくると出てくる……という構成はよかった。最後の1行を予想しながら、読み進める面白さ。

  • 深田恭子さんが薦めていた本。著者の見た目で、ゴリゴリの骨太な文章を想像していたら、まったく違った。読みやすくてわかりやすいです。すみません。啓発がいっぱい。知っていれば避けられる被害もあるし、流され甘えがちな日常に投じる一石といった風。日常が非日常に切り替わるいろんな場面は恐ろしいけど、それによって敬意や感謝に繋げられそう。読み終えて不安になる人は、愛読書やシスターの本などで心暖かな日常に戻しておくのも手。

  • 恥ずかしながらこれが私の百田さんデビュー。

    ショートショートの分野でしょうか。短編が連なるのですが、全てページをめくった最後の一行にオチがある。そのオチが全てブラックで、背筋がぞっとするようなものばかり。これほど何度も戦慄する作品はそうないと思います。

    「世にも奇妙な物語」あたりが好きな方にはおすすめ。

  • この本の中に19編が、描かれているのだが、どれもこれも、最後のオチ(?)で、えっ~と、いう言葉を発してしまいそうでした。

    母の認知症、浮気の記録、そっくりな人物は夫、二重人格の妻、残り福は凶、不妊症の原因の夫に妻の報告、痴漢男はゴルゴ13、美人の妻は元ブス、離婚の夫の幽霊、ギャンブルの賭けられた妻、雪女の正体正体は未確認物体、ガンを患ったつまの最後のビデオレターでの復讐、可愛い巨漢の妻の過去はプロレスラー、知らぬは自分だけ、無線乗車のゆうれいの正体、父親の犯罪、催眠術、植物人間の妄想、、、、、
    どれもこれも、最後の最後に引っ掛かりそうになる話。

    面白く一気読み。

  • 19の短編集。
    それぞれのラストは、ページをめくったら書かれてある一行。
    その一行に唖然愕然…
    そのうちにラストを想像し、どんなだろうどんなだろうと逸る気持ちで、間違えてラストのページをめくってしまわないように慎重にページをめくっていました笑
    超面白い!百田さん!素晴らしいヽ(≧▽≦)ノ

  • 短編集。
    最初の話の最後一行を見た衝撃が凄い!
    その後の話も同じように最後一行で落とす(ひっくり返す)内容なので途中で
    オチを考える→思った通り→納得
    オチを考える→思っていたのと違う→驚き
    の繰り返しでした。
    最後まで飽きずに集中できて面白かったです。

  • 百田尚樹氏のショートショート19編がおさめられた本作。
    19編のストーリーそれぞれが、様々なシチュエーションを設定・描写しつつ、行を進むごとにオチに向けて登り続け、最後の頁に唯一記載された最後の一行で、ブラックジョーク的にガッツリ落とす構成です。
    いずれも15頁もしくは17頁で表現されるこの構造は、ある種の形式美とも言えましょうか。

    ただ、最後の頁の一行のみで落とす構成や15もしくは17頁におさめる文量といった制約のせいか、ところどころで冗長な説明・内容が見られたのは、作者のご苦労の現れでしょうか。

    内容的には男女、夫婦、家族の関係や対話を描くもの。そのなかでも男女間のイロコイ話が多い印象です。
    このテーマは、古来から、世間話の中心的な役割を担うテーマのうちのひとつとして、エンターテイメントの中心的な位置づけなのでしょう。
    そして、さすがのストーリーテラー、百田尚樹氏。
    本作においては、個人的には不倫・不貞の話がやたらと目につくようにも感じましたが、オトコとオンナの物語を、いろんな場面・いろんな展開で描いてくれる、その視点や発想力、構成力に感心します。

    巻末の宮藤官九郎さんの解説もなかなか。
    クドカンさんの百田氏評として、百田氏は「どんなジャンルでも、どんなスタイルでも書けるんだと思います。」というのは、『永遠の0』などを拝読した私としても大変納得するところです。

    ショートショートならではの短さ。
    だからこそくっきり浮き上がる、ストーリーのエッジの効いた構造や面白さ。
    そして、独特のリズムや気軽さ、読みやすさ。
    時折触れてみたくなる、短編やショートショートの魅力ですね。

  • 1編が10分ほどで読める短編集。背筋がゾクッとするものがあれば、クスッと笑えるものホッとするものもある。読んでいるうちにラストが予測できてしまうが、たまにそれが裏切られると痛快である。好きなタイトルを選んで読むのは要注意だ。うっかり読んでいない短編のラスト1行が目に入ってしまうから・・・。なのでこの作品は最初から順番に読むことをお勧めする。私は「残りもの」が一番怖かった。女性ならではの恐怖だと思う。

  • 面白かった!ただ後半はパターンが分かってくる分だけ面白さは半減。代わりにどんなオチで締めるのかワクワクしながら読める。夜の訪問者の衝撃がすごかった。

  • 一つ一つが異なっているショートストーリーの集まり。結構な作品が、怖っ!!てなった。でも、引き込まれる作品ばかり。おもしろい!!

  • 読み進めるうちに、
    最後の一行を読むのが楽しみになっていました。
    ビックリするような一文に涙したり、笑ったり!
    百田尚樹の罠にたっぷりハマりっぱなしでした。

  • H28.10.12 読了。

    短編集なんだけどまず、読みやすい。
    本当に、すらすら読める。
    それでいて、毎話ごとにきちんとオチもあって、その展開も様々で面白い。

    一回読んだだけではオチの意味がよくわからなかったりすることも。
    また時期が経てば読み返してみようかな、と思った。

    短編集だからか、多分、
    数年後にどんな話だったか思い出そうとしても、思い出せないだろうなー、と思ったくらいに衝撃だったり、心に残るエピソードはなかった。
    そこが残念だったのでこの評価。
    普通に面白いは面白いんだけども。

    あとがきのクドカンが読んだと書いてある、「夢を売る男」が気になる。
    読んでみたい。

  • ラスト一行のオチにビックリ!
    百田さんの読みやすい文章。そして短編。
    通勤途中にサラッと読めちゃう。

  • 話の最後にあるどんでん返しがおもしろかったけど、
    ワンパターンのように感じた。
    また、作者が抱えているのか、文中に染み込んだ女性に対する蔑みが気になって読み進めるのがしんどかった。

  • 今のところビデオレターと賭けられた女がおもしろい。再会は素でえって声が出た。
    リアルな話だと思ったら、ファンタジックな話もあっていろいろ読めて面白い
    けどだいたい話のオチは読めるしワンパターン化は否めない

  • 最後のオチを想像しながら最終ページをめくるのが最高に面白い。一般的な短編よりも短い文章の中で(そんな気がする)、よく読者をワクワクドキドキさせれるのは、百田さんは天才としか言いようがない。是非、続編を期待しています。

全750件中 1 - 25件を表示

幸福な生活 (祥伝社文庫)に関連する談話室の質問

幸福な生活 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幸福な生活 (祥伝社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

幸福な生活 (祥伝社文庫)のAudible版

幸福な生活 (祥伝社文庫)の単行本

ツイートする