木暮荘物語 (祥伝社文庫)

  • 3062人登録
  • 3.61評価
    • (160)
    • (415)
    • (412)
    • (65)
    • (11)
  • 349レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 祥伝社 (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396340698

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

木暮荘物語 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 面白かったです。
    思わぬ展開に、すこしばかり赤面しながら読了。

    一番好きだったのは#ピース
    友人の赤ちゃんをあずかることになった女子大生のお話。
    赤ちゃんに振り回され、彼女が次第にママになっていくのが微笑ましかったです。
    後は、妙なきっかけでヤクザと知り合いになったトリマーの恋物語も。

    登場人物の人間くささが、妙にせつなかったり、
    どこか人肌のぬくもりのようなものを感じる短編集でした。

    それにしても、人間という生き物は面倒くさい生き物ですね。
    煩悩を抱え悶々としていながら、生半可なプライドが邪魔をして素直になれない。
    それに比べて、ジョンのなんとお気楽なことか。
    あぁ、羨ましい。

    ちなみに、シャンプーされたら毛の色が変わって、柄が出てきたジョン。
    どれだけ汚れてたんだ!(笑)

  • 三浦しをんさんの本は9冊目になる。
    出会いとなったのは【風が強く吹いている】
    それまで三浦さんの本を手にしたことがなかった私が、【風が…】と出会えたのはブクログのおかげ。
    全く知らなかった本だったが、ブクログでの評判がとても良く、読んでみようと思うきっかけとなったから。
    それが2010年のこと。
    それから三浦さんの本は7冊読んだことになる。
    【舟を編む】や【まほろ駅前多田便利軒】なども読んだのだが…
    【風が…】の時のように心に強く吹き込んでくる本とであえず…
    たまたま、古本屋さんに並ぶこの本を手にしたとき、帯にキョンキョンの「あぁ、私はこの物語がとっても好きだ」という書評が目に入った。
    その結果、「これは、読まなくちゃ~」となったわけで~(笑)
    で、読んでみたら、面白かった!
    日曜日の遅い朝、オウボンパン(カフェ)で読み始めたら…
    思わず、吹き出してしまった!!
    本を読みつつ、声を出して笑ったのは久々~(苦笑)
    そこからはもう、面白いと思ったり、ちょっと切ないと思ったり、考えさせられたり、7作の連載短編に気持ちを持ってかれました。

    小田急線・世田谷代田駅から徒歩5分の築ン十年のおんぼろアパート”小暮荘”
    2階建て全6室。
    1階に住むのは大家の小暮老人。
    その隣には3人の彼氏がいる女子大生。
    2階にはフラワーショップで働く女性と女子大生の部屋をのぞき見する男性。
    この4人を取り巻く人々の連載短編小説。

    読み終えて、思うこと。
    小暮荘は建て替えないで~!
    そして、小暮荘物語、カムバ~ック!!

  • クライシスノベルを読んだ後で、本書を手に取ると、ホッとして、何気ない毎日が愛おしくなってくる。
    おんぼろアパートの住人とその周りの人々。
    こんな人たちがいるアパートに、住んでみるのも一興か。

  • 見た目はぼろで安普請だけど、小暮荘の住人とそこに集まる人々には愛がいっぱい詰まっている。
    つながり方は一風変わっているが、笑いあり、涙ありで安らぎをもたらしてくれる、味わい深い物語だ。
    ここで暮らせるのは、人生のほんのひとときかもしれないけど、こんな温かい生活がずっと続いてほしい、とひそかに願ってしまう。

  • ひそかな私の目標。「舟を編む」を読破すること。そのために三浦さんとお近づきになりたくて手に取った一冊が思いのほか(失礼)面白かった。

    小説は「文学」と「読み物」に区分されているとは、金原さんの解説。
    私は何を求めて小説を読んでいるのか? ひとえに「現実逃避」。
    知らない世界が面白かったり、つまらなかったり。
    出会ったことのないような人がすること、考えること、感じることに共感できたり笑えたり、イラついたり怒ったり…。
    この時間が生活の中にあることが自分を取り戻すことができていると感じられることなので、誰かが作り上げた「お話」や「時代」の中に身を置くことが私の読書。
    ならば、文学でも読み物でもいいか…

    この本、面白かった。一人一人みんな生きてるんやなぁと当たり前のことになんか感動した。

  • 同じアパートに住む一癖ある住人とその周辺の人々を描いた連作短編集・・・という形式自体はけして目新しくはないので、1話目(元カレに押しかけられて三角関係になる女子の話)の時点では、こんな調子でありがちな恋愛ものとか続くんだったら微妙だな・・・とちょっと思いかけたんですけども、2話目で大家のおじいちゃん(70代)がセッ○スセッ○スと連呼しはじめて(笑)、3話目で駅のホームの柱に水色の男根…もといキノコが生えてくるにいたり、俄然面白くなってきました。

    同じアパートの女子大生を覗く変態サラリーマンとか、元カノをストーカーしつづける放浪男とか、現実にいたら通報レベルの変人も、小説の中だけなら面白がれます。しをんさんにしては珍しく、どの話にもわりと頻繁に「セッ○ス」という単語が出てくるけれど、とくにエロティックな描写があるわけではないので、個人的にはあまり深く受け止めませんでした。真面目に追及すれば、そういう行為を経て生まれてくる命のこととか、生と死と性と、みたいなテーマがあったのかもしれないけど、奇人変人ほのぼのストーリーとして読むだけで楽しかったから別にいいかな。

    お気に入りはトリマー女性と犬好きヤ○ザの「柱の実り」、女子大生が友達の赤ちゃんと暮らす「ピース」。ラストの「嘘の味」は、ニジコさんのキャラクターはとても好きだったけど、並木のようなタイプの男がどうも苦手で(多分作者はよく書くから好きなタイプなのだろうな)放浪癖があるくせにストーカー気質というのも、ちょっと矛盾していた気がしました。

  • 築何十年のおんぼろアパート「小暮荘」を取り巻く住人や隣人たちを描く短編集。どの作品も性と食と住が描かれていて、同じように流れているようで時に残酷で生々しい日常の感じがとてもリアルだった。巻末に収録されている小泉今日子さん、角田光代さん、金原瑞人さんの書評も素敵。おんぼろアパートというと、少し前に読んだ湊かなえさんの「Nのために」の野ばら荘を思い出した。

  •  木暮荘の住人とその周りの人々の連作短編集。特に印象的だったのは死ぬ前にもう一度セックスがしたいおじいさんの「心身」と、子どもを生むことができず複数の男とセックスする女子大生の「ピース」。両者とも誰かに求められたいという気持ちが強いのであって、その形は実は必ずしもセックスじゃなくてもいいのだと感じる。だからこそ話し相手ができただけで心が落ち着いたり、自分を必要として生きる赤ちゃんを慈しんだりするのだと思った。世間の恋愛や性にまつわる固定観念へ疑問を投げかけ、問題自体はヘビーだけど、読後感は軽やか。

  • 空き室あり。入居者募集中!

    101号室→木暮(大家):死ぬ前にもう一度、あれがしたい...。
    102号室→光子(女子大生):刹那的な恋にのめり込むある日...。
    103号室→空き室
    201号室→神崎(サラリーマン):いい奴ですが、覗き趣味あり。
    202号室→空き室(神崎がこっそり使用中)
    203号室→坂田繭(花屋店員):彼のいる部屋に元彼が...。

    おもしろくて一気読み。

  • 築ウン十年のおんぼろアパート木暮荘。
    どの物語にも性がつきものになっているんだけど、特に官能的な訳ではなく、抵抗なく読めると思う。大家さんがセックスセックスと言い出したときは笑ってしまったが。住人はみんな一癖ありな問題を抱えていて、みんな変だけど、みんなイイ。「黒い飲み物」はちょっと怖くてあまり好きになれなかったが(この話の主人公は木暮荘の住人ではないので、まいいか)。
    木暮荘の犬をシャンプーしたいトリマーとヤクザの交流のお話「柱の実り」と、不妊の女子大生が生後間もない赤ちゃんを突然預けられる「ピース」が特に好き。性と同時に「生」のお話でもあって、この二つは切り離せないんだろう。
    木暮荘の人々のそれぞれの繋がりも良くて、特に女子大生と大家さんの関係は素敵。

    彼といる自室に元カレが転がり込んできて奇妙な3人の生活を送る「シンプリーヘブン」も良かったけど、その後別の話でこの元カレが最後新しく恋を始めたときは、「おいおい、あんたはふつーに幸せにならずにストーカーでいてくれよ」と無神経ながらも思ってしまった(笑)。
    みんな、愛すべき変人だ!

  • 個性的な登場人物の物語がなんだかほっこりします。
    短編集なのでとても読みやすかったです。
    三浦しをんの本は初めてだったのですが、他の本も読みたくなる内容でした。

  • ちょっとかわった住民と小暮荘に関わる人達。
    三浦しをん2作目だけど古いアパートが両方出てきた。

  • 古いアパート「木暮荘」に住む、少し変わった、いや、かなり変わった人たちの話。年代も仕事も違う人々の それぞれが少しずつ交錯し、それぞれのエピソードに性の話が盛り込まれている。生きるということが深く書かれているのかもしれないし、そうでないのかもしれない。この住人たちは、これからどうなるのか? いつの間にか、自分もそこにいるような、そんな不思議な世界。小暮荘に住んでみたいような、そうでないような。続きが気になります。

  • おんぼろアパートに住まう住人たちが代わる代わる主人公となる連作短編集。

    「黒い飲み物」「穴」からは一気にドス黒さや背徳感が増し、刺激的な物語となった。一方で、続く「ピース」「嘘の味」ではそうした人の欲情や悲哀を鮮烈に晴らすほどの爽やかさや愛おしさがあり、すべての短編が連なることで見事なストーリーを描いている。

    また、男女問わずそれぞれの人物が“性(=愛)”にまつわる行為や衝動を披歴することで、木暮荘という無機質な建造物に生々しいほどの実体を与えており、本作は木暮荘で暮らす人々の物語というよりも、木暮荘の物語と言った方が相応しいほど、舞台であるアパートに魂が宿っている。

    直接的な住人同士の関わり描写はそう多くないにも関わらず、読後には木暮荘を俯瞰した読み手に不思議な一体感と温かさを与えてくれる作品。

  • 木暮荘に住む、もしくは関連する人々の日常を切り取った連作。

    読み終わった後、なんだか心があったかくなる。ありきたりだけど、本の中で誰かがどこかで不幸になることもある。逆に幸せになることもある。どちらもが介在するのが、この世界だから。
    でも最後に、不幸だなと感じながら読み終えるより、あーこの人たちはこれからも幸・不幸を繰り返しながらでも生きていくんだなと思えるほうが、わたしはいい。

    少しあり得ない人(女子学生)もいたけどね。
    でも彼女の話が泣けた。
    自分ではもちろん経験していないことだけど、変にリアルに心に入ってきて、泣けそうだったよ。

    私は妊娠を必ずしも希望しているわけではない。
    年齢的なものはさておいて、その意味では制限はされていない。だから、もう産めませんと宣告されている人のつらさを理解するのは難しいのかもしれない。

    生まないかもしれない、結果として子供がいない事と、生めなくて子供がいないことの違いに胸が痛くなる。上から目線のコメントになるのかもしれないけど。

    だからこそ、大学生の話は突き刺さった。

    並木君の話もよかったかな。
    意外だったのは、花屋/喫茶店のオーナーの話。
    まさか浮気が事実だったなんてね。
    なんとなく違う理由があってのことだと思ったのに。
    なぜ浮気をしてしまうのかなぁ。残念。

    でも最後が並木君の話でよかった。
    そういう意味で配置も絶妙。

  • バカに見える女子大生光子の話が胸を打ちました。こういう古いアパートの話にはちょいと弱いんです。

  • 木暮荘に住む人々を中心にした群像連作短編集。小説の形式的に好みというのもあるけど、いずこも好感の持てる連作短編集でした。

  • 築年数不明のおんぼろアパートに暮らす人たちの物語。それぞれに抱えている想いも性別も年齢も違うけど、全員応援したくなった!こんなのあり得ないでしょ!と思う場面もあったけど、人間らしくてその人の心の奥の想いが伝わってくる物語に温かい気持ちになりました。しをんさん流石です。

  • 壁に耳あり障子に目あり
    同じ屋根の下に、十人十色の生活や人生が詰まってる
    それを少しずつ関わったり、距離を置いたりして暮らしている
    そんな物語

  • 少し可笑しくて、少し切なくて、ボロアパート住んだことないけど何故か懐かしい。最後の章だけ今一つ。

  • 古いアパート、木暮荘の住人にまつわる話。
    少し笑えて、ちょっと切ない、でも軽い感じ。
    空いた時間にサラッと読むのにちょうどいい。

  • 読みやすくて、ほっこりとした話だった。
    木暮荘に住む住人たち、ひとりひとりにまつわる話の短編集。住人たちの生活は、少しずつ関わりあっている。

    大きな事件も、大冒険もないけれど、ほのぼのとした日常を描いている、のんびりとした物語。

  • 木暮荘に住むいろんな人のストーリーを短編で描いた物語。
    個人的に短編が好きじゃないこともあるが、最後まで読めなかった。

    設定の一つ一つは「普通の人」に近い「幸せなはずなのに何か物足りない」ことがベースになっているかと思う。

    そういった何かに焦がれる設定は好きなんだが、不完全燃焼の割には想像の余地が残されていない気がして、個人的にはあまり読んで満足できる作品ではなかった。

  • この本何回読んでいることか…♡
    好きで好きでたまらない本の1つ…

    世間的には少しズレていると言われてしまいそうな、でもどこか「そういうのって分かるよね」って思ってしまう愛おしくなる登場人物…

    自分のことが嫌いになりそうな時にも安心して読める一冊♪


    ここ2日くらいカードキーがなくて探し回ってたんだけど…
    見事にこの本に挟まってた…
    厚みがおかしな事になってる筈なのに
    何故気がつかなかったのか…

    でもこの本に挟まってるなら、「なんかいっか」と思わされてしまう魔力がある事も付け加えておきます(笑)

全349件中 1 - 25件を表示

木暮荘物語 (祥伝社文庫)に関連するまとめ

木暮荘物語 (祥伝社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

木暮荘物語 (祥伝社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木暮荘物語 (祥伝社文庫)の作品紹介

小泉今日子さん 「あぁ、私はこの物語がとっても好きだ。」 (「読売新聞」2011年2月6日)

小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年。
ぼろアパートを舞台に贈る〝愛〟と〝つながり〟の物語。

小田急線の急行通過駅・世田谷代田から徒歩五分、築ウン十年、全六室のぼろアパート木暮荘。そこでは老大家木暮と女子大生の光子、サラリーマンの神崎に花屋の店員繭の四人が、平穏な日々を送っていた。だが、一旦愛を求めた時、それぞれが抱える懊悩が痛烈な悲しみとなって滲み出す。それを和らげ癒すのは、安普請ゆえに繋がりはじめる隣人たちのぬくもりだった……。

木暮荘物語 (祥伝社文庫)の単行本

木暮荘物語 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする