秋霧の街 私立探偵 神山健介 (祥伝社文庫)

  • 25人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (5)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 柴田哲孝
  • 祥伝社 (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396340728

秋霧の街 私立探偵 神山健介 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 神山シリーズ。
    大都市新潟で,殺された娘の調査をする神山が,裏に潜む巨大な敵とドンパチやる。
    シリーズ中一番派手で面白かったが,一番ツッコミどころ満載。(まっとうなファンの方には申し訳ないが,この作者はネタとして最高にツボだと思っている)
    ヒロインとの出会い→自己紹介→大人のふれあい→デレるの完全テンプレ化されたシーケンスは健在。
    まぁそれはいい。問題は神山が素晴らしく他人の迷惑を考えないところだ。
    一方的にお願いされまくるパキスタン人のおっさん(妻子持ち),この人菩薩だ。
    タイ人ギャルも完全にとばっちり。
    シングルマザーに至っては,犬の世話を押し付けられる。息子の説得を頼んだら裏切られる。入院の保証人になったら脱走される。あげく「あいつはいい女だからわかってくれる」ときた。
    ダメでしょ!オッサン小説だからしょうがないけど,「男として~,男とは~」みたいな幼稚な発想で行動しすぎです。

  • 2015/08/25
    移動中

  • 今回の舞台は新潟、わざわざ探偵の神山健介が福島から呼ばれて
    ロシアの組織が出て話が大きくなり過ぎるが
    細かいことは気にせずにエンターテイメントとして。

  • 神山健介シリーズ中、最もハードなボイルド(^ ^;
    これまでもかなり危ないことに首を突っ込んでいたが、
    今回はもうシャレにならないレベル(^ ^;

    「戦闘シーン」は、かなりど派手で
    神山氏自身も今作ではある一線を越える。
    ネタ自体もかなりヤバイネタではあるし。

    惜しむらくは、人物像がやや薄っぺらい印象。
    悪人はただ悪人で、善意の協力者はひたすら善で...
    ちょっと安いテレビの2時間サスペンスみたい(^ ^;

    悪人にも悪人なりの「抱えてる事情」があったりとか、
    そんな描写があると深みもリアリティも増すのでは...
    あと、薫の息子の彼女が妊娠したというくだり、
    果たして必要あったのだろうか...

    シリーズものだけに、次作への架け橋かも知れぬが、
    今作だけ取り上げるとまったく不要な気が(^ ^;

    ...ということで、★は4つ止まりでし(^ ^;

  • 設定はそれほど凝ってるわけではないが、なかなか余韻の残るいい作品だった。シリーズ4部作だと思っていたが、次も出てるということで結構なことだ

全5件中 1 - 5件を表示

柴田哲孝の作品

秋霧の街 私立探偵 神山健介 (祥伝社文庫)はこんな本です

秋霧の街 私立探偵 神山健介 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする