遊び奉行 軍鶏侍外伝 (祥伝社文庫)

  • 17人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 野口卓
  • 祥伝社 (2015年10月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396341572

遊び奉行 軍鶏侍外伝 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帯(こんなさわやかなラストはかつて経験したことがない)に負けてるかなあ。

  • 「軍鶏侍」を読んで、とても面白かった。
    次に、又、続編は、、、と、待ちわびていた。

    軍鶏侍外伝、、、と、書かれていて、、、読んでいて、、、どこに、軍鶏侍の岩倉源大夫が、出てくるのかと、、、、

    読み終えて、「軍鶏侍」は、江戸謹番の武士からみたお家騒動であるが、「遊び奉行」は、藩主tの長男であるが、側室の子としての一亀が、政ごとを、正して、活躍する小説である。

    人から、脳無しのようにふるまいながら、敵を欺き、不正を暴いて行く姿が、描かれている。

    「軍鶏」と言えば、今東光の「闘鶏」のイメージしかなくて、、、お家騒動は、山本周五郎、藤沢周平、葉室麟、佐伯泰英、鳥羽亮、藤井邦夫、門田泰明、、、、、等、沢山の時代小説家が、描かれているが、、、軍鶏が出て来る小説は珍しい。

    「軍鶏侍」の最後で、描かれたわずかな文章の説明が、今回の九頭目一亀からの話へとつながるとは、、、、作者の深い意味あいを感じさせる小説であった。

  • 154

全3件中 1 - 3件を表示

野口卓の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

遊び奉行 軍鶏侍外伝 (祥伝社文庫)はこんな本です

遊び奉行 軍鶏侍外伝 (祥伝社文庫)のKindle版

ツイートする