縄のれん福寿 細腕お園美味草紙 (祥伝社文庫)

  • 25人登録
  • 2.90評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 有馬美季子
  • 祥伝社 (2016年11月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (420ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396342647

縄のれん福寿 細腕お園美味草紙 (祥伝社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で。
    後書きにもありましたが時代小説と食べ物屋ってシリーズ、よく見かけるようになったなぁ… みおつくしの方は一難去って又一難、試練の連続、みたいなドラマというか少年漫画みたいな展開でしたがこちらは少しミステリ調?
    今と違って電気炊飯器もなく、かまどやへっついでの調理なんだから大変だろうなぁなんて思いながら読みました。

    旦那さんが何でいきなり居なくなったのかはどうしてだろうなぁとは思いますが…続きはそこまで…という感じかな。罪を憎んで人を憎まず、とは言うけどそれでイイの?という気もするし…(なんできちんと話なり身の上を聞かないんだろうとそこは不思議に思った)
    初恋の人との再会もいいのですが彼は今何をして食ってるんでしょうねぇ…とかその辺りもちょっと不可解でした。(読み飛ばしちゃったのかもしれないけど)

  • ほぼお店の中で事が進むせいか、周りの風景描写等が少ないせいか、世界が小さく、時代物らしさがあまり無いです。
    ご飯の描写はどれも美味しそう。
    主人公のお園はこざっぱりしてそうに見えて、どっしりと重い。恋愛部分も含めて何となく粘着質な女性性を強く感じます。

  • L 細腕お園美味草紙1

    なんつーか、「え〜!(不満)」を何度連呼したことだろう。話の筋は好みだけど、セリフで状況説明するからかセリフのやりとりが多いし設定すらエー!
    26歳で縄のれんの女将。(えー)
    同心だった幼馴染が浪人姿で現れる。30歳前。(えー)
    店を空けるときは懇意にしている夫婦が切り盛りする(えー)
    剣を抜いてから倒れるまで4行。(えー)
    「それで江戸を離れたのか」
    「それで江戸に戻ったのか」(セリフにしたって酷い)
    料理ネタ時代モノはこんなもん?致し方なし?
    数々のえーの嵐に逆にネタになるわ、と思わないでもない。書きことが先行しすぎて他がおざなりになってしまったのか。優しさ溢れる料理すら取って付けたっぽいし。それにしたって設定酷いよ。ほのぼの感すらないよ。
    シリーズで続いてるんだね…。

  • 2017.5.2
    料理に行き倒れ娘、辻斬り、復讐
    人の繋がり

  • 最近はやりの時代&料理物。
    解説が絶賛するほどではなかった。

    美人女将なんだか、おせっかいおばちゃんなんだか、立ち位置が微妙でどうも下町くさい感じ。
    事件の落としどころがイマイチだった。
    舞台が日本橋なのもちょっと違和感。

  • 201612/つまらなくはないけど、時代物+料理の流行りモノの数あるうちのひとつってカンジ。登場人物も展開も惜しい。

全6件中 1 - 6件を表示

有馬美季子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

縄のれん福寿 細腕お園美味草紙 (祥伝社文庫)はこんな本です

ツイートする