僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦い

  • 77人登録
  • 3.63評価
    • (9)
    • (8)
    • (22)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 矢野祥
  • 祥伝社 (2001年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396410162

僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦いの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 天才なのにまっすぐ育っている少年なのはわかった
    楽しんで勉強していることも

    親が日本の教育をこき下ろしている感じは
    どうしても自分を否定されているようなきがして
    やんなる

  • 2001年刊行。9歳で大学に進学することに、それほど意味があるとは思えない。ただ、近い年齢の友人が多いとは思えず、大人に囲まれ続けた彼は、今、どうしているのだろう?

  • 妹さんも優秀なのか。。

  • 親御さんの考え方が参考になる。

  • 飛べる能力があるのに、地面をはって歩くのはおかしい。同感。

  • 知能が高くてもそれだけでは幸せになれない。高い知能と努力の積み重ねによって成功と幸せが手に入るんだろう。プラス思考で努力家、明るく音楽の才能にも長けていて。「神様に愛された子」なんだろうな。

  • まえがきに本人の言葉がある。
    「可能性は人によって違うかもしれない。でも誰もがみんな、自分の持っている可能性を使う義務があると思う」

    ずっと考えていたことをぴたりと言い当てられた気分。
    9歳でその考え方とは見上げたものだ。

    賢さというのは、経験によるものでも年齢に依存するものでもない。
    思考の積み重ねによって得られる。 
    長い道のりをある人は徒歩で行き、またある人はバスに乗り、人によっては道草を食ったり闇雲に走りすぎて見当違いな方向に行ったり歩くのを放棄したりするけど、真っ当に進んだ人ならばだいたい同じ場所にたどり着くのだと思う。

    9歳の大学生が自分の可能性を精一杯使おうとしているのだから、26歳の私だって他人事のように「えらいねースゴいねー」なんて言っているのではなく、同じことをしなくてはいけない。

    飛行機でブッとばす少年の後を、自転車で追いかけるのもなかなか面白そうだ。

  • <div class="booklog-all" style="margin-bottom:10px;"><div class="booklog-img" style="float:left; margin-right:15px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4396410166%3ftag=dorinchanexbl-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank"><img src="http://booklog.jp/img/noimage.gif" class="booklog-imgsrc" style="border:0px; width:100px"></a><br></div><div class="booklog-data" style="float:left; width:300px;"><div class="booklog-title"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4396410166%3ftag=dorinchanexbl-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦い</a></div><div class="booklog-pub">矢野 祥 / 祥伝社</div><div class="booklog-info" style="margin-top:10px;">Amazonランキング:154153位<br>Amazonおすすめ度:<img src="http://booklog.jp/img/5.gif"><br><div class="booklog-review" style="margin-top:6px; padding-left:3px;"><img src="http://booklog.jp/img/4.gif" align="absmiddle">興味深く読みました<br><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">子育てママへおすすめします<br><img src="http://booklog.jp/img/5.gif" align="absmiddle">まっすぐな正義感<br></div></div><div class="booklog-link" style="margin-top:10px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4396410166%3ftag=dorinchanexbl-22%26link_code=xm2%26camp=2025" target="_blank">Amazonで詳細を見る</a><br><a href="http://booklog.jp/asin/4396410166/via=kazumip" target="_blank">Booklogでレビューを見る</a> by <a href="http://booklog.jp" target="_blank">Booklog</a><br></div></div><br style="clear:left"></div>

  • 年令に対する偏見をなくさないといけません。著者のお父さんの言葉もとても温かく、読者の私たち親は自分の子育てを考えさせられます。とても参考になる本です。

  • 9歳でアメリカの大学生になった日韓ハーフの男の子と家族のハートフルエッセイ!大変なこともあるけれど、力を合わせて乗り越える素敵な家族です。

全15件中 1 - 10件を表示

矢野祥の作品

僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦いを本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦いを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦いを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦いを本棚に「積読」で登録しているひと

僕、9歳の大学生―父・母・本人、「常識」との戦いはこんな本です

ツイートする