日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select)

  • 96人登録
  • 3.17評価
    • (1)
    • (6)
    • (13)
    • (2)
    • (1)
  • 9レビュー
制作 : 山本 七平 
  • 祥伝社 (2005年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396500849

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 歴史理解に役立つ。とても良い。

  • イザヤ・ベンダサン (著) , 山本 七平 (翻訳)

  • 江戸の昔から、なぜ、日本人は中国とうまく、冷たい大人の関係を築けないのか。

    恋愛と同じで、相手に自分の中にある理想像を投影し、実のところ相手を見ていないからだとする。

    日本にとって中国は、大きく言うと大陸国家は大き過ぎる。
    そして日本は島国である。
    外からの影響を受けざるをえず、それが昔は中国、今米国なのだろう。
    また中国の時代に戻るのかな。

  • 日本辺境論の考え方がこんなところにもあったとはおもわなった。

  • 日中国交正常化の時代に書かれた著書。
    文化的には中国の属であるが、政治的には独立国家であった中世以前。
    その区別が当たり前すぎてよくわからないまま、朝鮮を挟んだ中国との外交が
    おかしなことになっていく。自己の内なる中国と、外の実在する中国とが乖離して
    いく混乱の中で、「日本こそ真の中国である」との無意識の発見が登場する。
    その状況は実は天皇にも、アメリカにも当てはまるとの著者の洞察はなかなか鋭い。

  • 日本人は、条約さえも感情が優先するという指摘は、同じく山本七平著「空気の研究」に通じると感じさせられた。
    決断した者がどこにもいない、内なる天皇と外なる天皇、決して現実とかみ合うことのない理念にむかって感情を高ぶらせる日本人。
    本書は70年代にかかれたものだが、まったく知らなかった角度からの指摘に驚きが多かった。
    思想に距離をおくことができて始めて思想史ができるという当たり前のことだが、的確な指摘であった。

  • 20080720
    山本七平
    忘れたw

  • 漢文など古い文献が続々引用されているので、その辺りに造詣が深くない私のようなものはかなり理解に苦しんだ。もっと田中角栄がでてくると期待していたのに・・・秀吉は器じゃなかったということなのね。

全9件中 1 - 9件を表示

イザヤ・ベンダサンの作品

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人と中国人―なぜ、あの国とまともに付き合えないのか (Non select)はこんな本です

ツイートする