悪の経済学―覇権主義アメリカから、いかに日本が自立するか (Econo‐globalists)

  • 20人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 副島隆彦
  • 祥伝社 (1998年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396610746

悪の経済学―覇権主義アメリカから、いかに日本が自立するか (Econo‐globalists)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 資本主義は倒産するから素晴らしい。潰れるべきものは潰れ、生き残るべきものはちゃんと生き残る。それが資本主義の資本主義たる所以である。

全1件中 1 - 1件を表示

副島隆彦の作品

悪の経済学―覇権主義アメリカから、いかに日本が自立するか (Econo‐globalists)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

悪の経済学―覇権主義アメリカから、いかに日本が自立するか (Econo‐globalists)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

悪の経済学―覇権主義アメリカから、いかに日本が自立するか (Econo‐globalists)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする