齋藤孝のざっくり! 日本史

  • 321人登録
  • 3.68評価
    • (21)
    • (45)
    • (50)
    • (5)
    • (0)
  • 53レビュー
著者 : 齋藤孝
  • 祥伝社 (2007年11月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396612979

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
有川 浩
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
村上 春樹
三浦 しをん
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

齋藤孝のざっくり! 日本史の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本や日本人について書かれた書は、日本の「島国的」で「あいまい」な特徴を海外と比べネガティブに論じるものも多いように思う。しかし、本書で斎藤さんは「そんなことないよ」と歴史から事例を様々見せることで意外に「タフで柔軟」「呑気・陽気」な日本人像を見せてくれる。日本史をざっくり、というよりは、そんな著者の明るい日本観をメインに楽しめた。

  • 日本史を事項の暗記ではなく、大きな流れとして捉え、8つの切り口で読み解いてみようという1冊。「廃藩置県」と明治維新、「万葉仮名」と日本語、「大化の改新」と統治システム、「仏教伝来」と日本の精神、「三世一身の法」と土地所有、「鎖国」による文化の醸成、「殖産興業」と日本に資本主義が根付いたわけ、「占領」の背後にあるアメリカの意図。どれも思い切り主張をクリアにしていて、小気味よい。歴史をいろんな切り口で考える際の、一つのモデルとして楽しめばよいと思う。

  • すいすい読めて面白い。

  • なるほどー。日本史って面白いんだ。知ってたらもう少し学校の成績よかったかも。

  • ざっくりと言うから流れをざっくりやるのかと思ったらポイントポイントの出来ごとの重要度を「ざっくり」斬る内容でした。でも歴史が今にどうかかわっているのかがわかりやすく解説されていてもっとつっこんだことを調べたくなった。

  • 同じシリーズの「世界史」と「美術史」が面白かったので、日本史も読んでみた。8つの章から日本の歴史を読み解いていく。本当にざっくりなのに、大化の改新から第二次世界大戦後までをイメージできて面白かった。

    特に第2章の翻訳語の話と、第6章の鎖国の話が興味深い。「国家」「幸福」「権利」など江戸時代には無かった概念を、翻訳して漢字をあて国民に浸透させたのは偉業だ。

    鎖国とは「1つの国民を島国に閉じ込めて、220年間コトコト煮込んだらどうなるか」という壮大な実験。熟成の結果、オリジナル色の強い江戸文化は生まれた。現代でもオタク色の濃いアニメやゲームなどがクールジャパンとして海外から評価されている。

    齋藤氏が提唱する「一人鎖国」を実践してみたい。

  • 全体を通して興味深く、読みやすかった。
    特に鎖国を実験に例えたとこが面白かった。
    エロもよかった。

  • 文章力と発想力がすごいなー。歴史の本読んでて笑えるってすごい。
    江戸時代の鎖国のあたりが面白かった。

  • 日本史の様々な事件を「なぜ重要なのか」「どう現在につながっていくのか」で語った一冊。まさに日本史再勉強入門書。特に、現在との連続性への視点が面白い。まさか鎖国の話でやおい同人誌に言及されるとは……

  • 大化の改新と仏教の章が特によかった。史実を日本人の性質とからめて見られるところが面白い。

全53件中 1 - 10件を表示

齋藤孝のざっくり! 日本史を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

齋藤孝のざっくり! 日本史を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする