ユダ(下)

  • 83人登録
  • 2.85評価
    • (1)
    • (7)
    • (14)
    • (10)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 立花胡桃
  • 祥伝社 (2009年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396613372

ユダ(下)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • どこもかしこもバブルだった時代は去り、豪遊するのはIT長者、闇金、おれおれ詐欺の元締め。お金を使わせるために、あらゆる知恵を絞る。
    なんだか、金の亡者すぎて情けなくなってきた。
    今は芸能界でコメンテーターなどをされているようですが、どちらにしろ水っぽい世界でないと生きていけないのかもしれないですね。

  • いつになったら幸せになれるんだ?

  • 伝説のキャバ嬢が明かす8年間。
    アゲハ蝶達の真実。

    昔、バブルが弾けた後でしたが、銀座の高級キャバに3人で行って、2時間で30万ほど使いました。両手には美人な蝶が2匹、とても楽しかったです♪
    もちろん、会社のお金で接待費で落としましたwww

  • 下巻のほうが面白かった。

    世の中お金があるところにはあるんだなぁって思った!

  • 日本一のキャバ嬢なら、何か凄い所があるんだろうと思って読んだけど、見習いたいな、と思う事は一切ナシ。お金を貢がせるホストに復讐って、自分だって同じような事してるし、お金ない人には消費者金融で借金させたり、結婚をほのめかして、お金を使わせたり、顧客データを完璧に覚えて、つくしたって、あんな阿漕な事してたら、人間としてどうなんだろう。

  • 数年前まで、歌舞伎町でその名を知らない人がいなかったほど、超人気
    者だった胡桃さんの自伝小説。
    読んでて、うわっ、これはイカンだろ・・・・・っちゅーくらい赤裸々に書いて
    いて、びっくりしました。
    今は結婚して子供も出来すごく良いママさんしてるみたいだし、
    朝のニュース番組にも出ていたりして、本当にすごい!!!
    彼女の向上心、負けん気の強さ、目標を叶えるパワーと努力に、本当に
    驚かされます!!

  • 文庫本になってやがった。

  • 上巻の続き。


    成り上がり続けた主人公が、男に振り回され始める。


    そんな感じ。


    ここまで来ると前半のような爽快感もなく、一人の女性の話なので、あんまり刺激もなく最後まで終わってしまいました。


    こういう世界もあるんだなー、という感じです。

  • 2010.2.3~5

  • 「上」と同様、作文です。コレ。

全14件中 1 - 10件を表示

立花胡桃の作品

ユダ(下)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする