「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」

  • 240人登録
  • 3.49評価
    • (8)
    • (22)
    • (27)
    • (5)
    • (1)
  • 28レビュー
  • 祥伝社 (2013年12月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396614775

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 公認会計士の山田真哉氏とファイナンシャルプランナーの花輪陽子氏の共著。
    どちらの方の著書も読んだことがあるだけに、興味津々。
    ニコニコ生放送で流されたという番組だけに、テンポがよく、ぐいぐい進んでいきます。

    ニコニコ生放送を聞いたことはありませんが、会場の雰囲気が伝わってくる、楽しいやりとり。
    難しい税金の話がテーマだとは思えません。

    ゲストは、東大卒の自宅警備員でやおい研究家の金田淳子氏。
    すごい肩書にびっくりし、本人のキャラの濃さにさらにびっくり。
    ともすれば退屈な話になりそうなところを、この方が時には茶々を入れたり、時には視聴者の代表となって質問をしたりしてくれるため、興味を持って読み続けられます。

    健康保険料は、病院に行けば行くほど元が取れるという考え方をしたことがなかったので、(逆の発想。たしかにその通り)と気がつきました。
    市販薬よりも、病院で処方箋を出してもらう方が得になるのだそうです。

    生命保険料控除はMAX12万円とか、常識のようで実は知らないミニ情報も、会話の流れでいろいろ出てきます。

    金田氏のディープなおたくぶりには驚きましたが、山田氏が彼女のボケを全て受け止めて、ツッコミを入れているので、それもすごいと思いました。
    私の知らないアニメネタなどがかなり展開します。

    包帯を貰えたら、志々雄真実ごっこができると、二人で話していましたが、この人の名前の読み方さえわかりませんでした。
    るろうに剣心の包帯キャラで、ししおまことと読むそうです。
    「ホイミ」「ギラ」も出てきましたが、さっぱりです。
    こちらは、ドラクエの勇者の呪文だそうです
    金田氏が「今日の出演料はペリカでもらう」と言った時も、(ポイントカードみたいなものかな?)と思いました。
    カイジに出てくる貨幣単位でした。

    ただ、私のようにわからない人のために、きちんと脚注が付いているのが親切。
    これらは全て、金田氏が書いたものだそうです。さすがです。
    「中2病」の意味まで説明されていました。「自宅警備員」にせよ、正確な意味や定義がわかっていなかったので、なるほどと思いました。

    ともすればボケツッコミのテンポが良すぎて脱線しそうな話を、花輪氏がポイントポイントでおさえています。
    3人の役割分担がきちんと出来ていて、読む側も安心して進んでいける構成になっています。

    電子マネーを買うときにクレジットカードを使えば、二重にポイントが貰えるということは、知らなかったので驚きました。
    やはり専門家は、いろいろな情報を知っているものです。

    タイトルにあるように、低所得者が対象であるため、身近に思える話もいろいろ詰まっています。
    お勧め通りに増税前に金を買っておきたいものですが、まとまった金額がないと得にならないとのこと。
    いろいろと参考になりました。

    ときどき、収録中の光景の写真が挿入されており、その場の様子が見て取れます。
    イラストも、すべて金田氏によるものとのこと。多彩な方です。
    最後の写真のイラストが、何も説明がなかったものの「進撃の巨人」だったので、それがわかって嬉しくなりました。

    三人三様の、それぞれの専門と個性が三つ巴のように重なっている放送収録。
    最後までスピーディに、楽しく読み続けられたし、ネットスラングにも詳しくなった気がします。
    こんなにおもしろくてためになる番組を流しているのならば、今度ニコニコ生放送を聞いてみようかという気になりました。

  • ゲストが面白い。東大卒のとてつもない天才だが、引きこもりという方で、真剣にしているお金の話に対してのツッコミが見事に下ネタ。笑
    ニコニコ動画がそのまま本になったお金本ですが、お金の本としての内容もなかなか為になることも間違いないし、読んでてとにかく面白い。

    ふるさと納税から、税金の話などが下ネタ織り交ぜてわかりやすく解説してくれてます。

    金と下ネタ。

    うーん。なんか絶妙なマッチングでした。

  • 動画すら本になる時代。
    相当好きな俳優でもない限り、時間の制約がある動画はあまり好きでない。
    アニメよりも漫画が手軽。自分のペースで読めるから。
    クレジットカード枠の現金化、縁がなかったが知っていると面白い。最初に考えついた人頭良い、もしくは相当切羽つまっていたのだろうな。

  • 分かりやすく身近で、知ってると思ってても意外と知らないことがたくさんあった

  • 『ニコニコ生活講座』というニコニコ生放送を書籍化した本。著者の山田真哉さんがパーソナリティを務めている週刊マネーランドとかぶっている話もあったけど、参考になったし面白かった。
    厚生年金って毎年あがってるのか。10年後にはどうなっているんだろう……。
    子どもの歯の矯正は医療費控除の対象になるけど、大人は美容行為とみなされてダメということを初めて知った。子どものうちにやっときゃもっと違ったのかなぁ。歯、ガタガタなんだよなぁ(親知らずが横にはえていたせいもあるだろうけど)。
    それにしても、消費税って思った以上に複雑なんだなということが分かった。よくわからなかったのだけど、もしかして消費者が払っている消費税って、企業の売上に含まれるのだろうか? それだと少し違和感があるのだけど。
    後、軽減税率はやめたほうがいいんじゃないかと思った。店舗もそうだけど、消費者も混乱しそう。
    それと、この本で初めて、『P-Oneカード』というクレジットカードを知った。自動的に買ったものが1%オフになるらしい。何だかすごいよさそう。
    後、リボ払いは怖いということがよく分かった。絶対に利用したくない。
    それにしても、何で金田淳子さんはレギュラーじゃなくてゲストという扱いなんだろうか……。ある意味、一番目立つ発言をしている気がするのだけれども……。

  • 目新しい話はなかったけど、対談の内容が面白かった。金田さんはすごい人です。

  • ニコニコでこんなのやってたんだな。
    マネー偏差値及び貯金が限りなく低い私には良い本です。

  •  手取りが100万円あっても幸せではない人10万でも幸せな人どちらが本当に人としてまっとうな生き方なのか。

     普通に給料をもらえそこからのお金である程度の生活ができる人が読むべき本ではないという事は確か。そしてそれらの人たちがこの本に書かれているようなことをし始めたらおそらくその方法はいずれ消滅してしまうだろう。

     堅実にとは言わないが手取り十万であろうとも年間7万知覚は苦も無く貯める方法はある。だがそれをやるかやらないかで大きく差が出てくるただそれだけの事。

     細かい話で参考になることは多々あった。一番の肝は日本軍の軍帽の正面のところについているのは星ではなく桜だという事かな。

  • わかりやすい。しかし、知ってたことばかり。人に教えるのに使えるフレーズがあったのは良かったかな。

  • 知っておくべきことが多く書かれており、
    改めて、理解するいい機会になりました。

全28件中 1 - 10件を表示

山田真哉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
クリス・ギレボー
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」を本棚に「積読」で登録しているひと

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」はこんな本です

「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」のKindle版

ツイートする