日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおす

  • 92人登録
  • 3.63評価
    • (3)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 齋藤孝
  • 祥伝社 (2016年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396615567

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおすの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 日本人とは日本語を母国語とする民族であると筆者は述べている。ソシュールも言語は差異の体系であると。

    そして私という主語を多用しないところが日本人の特性。そして、言霊信仰からくる、直接的な表現を避ける傾向があり、それが大きい。そこに、昔からある曖昧さ、短い表現を好みそこに含みを持たせてきた。よって、今スピーチ下手と言われるのもうなずける。
    日本人の気の小ささもあわせてだが、


    道徳的な意味合いでは、儒教が深く関係してくる。時に為政者が下の者を統治する場合に用いるための道具として使われた。

    アニミズム的信仰。わだつみの神、おおやまづみの神、あまてらすの神、ツクヨミの神などの自然信仰が
    見て取れる。

  • 帯で示されている通り、日本思想のポイントがざっくりわかる。後半、読みながら、人生の価値について思いを巡らしました。

  • 日本の思想の1300年を読み直すということで、単なる日本史ではなく、いわば日本の思想史といった斬新な切り口で構成されている。
    こういうアプローチができるのは、筆者の豊富な読書量に支えられた、語彙と知識と情報力によると思われる。
    もっと若い時にこのような本に出会っていればとも思うが、この歳になっても、日本の軸となる思想について、改めて体系的に勉強し、整理できると思う。

  • 日本人としてよかった反面、日本人らしさが失われているのも事実。

全4件中 1 - 4件を表示

齋藤孝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
田中正人
伊賀 泰代
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおすを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおすを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおすを本棚に「積読」で登録しているひと

日本人は何を考えてきたのか――日本の思想1300年を読みなおすはこんな本です

ツイートする