大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』

  • 16人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大隈重信
制作 : 倉山 満 
  • 祥伝社 (2016年9月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396615741

大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 正直、人材の宝庫だった肥後出身だったなと、思い知らされました

  • 大隈の記す中国人の特徴=窮境におちいったときには、頼るべきでない相手を頼りにして、目の前の苦痛だけが去れば、それでいいのだといったように、将来の大きな患いにまで思慮のおよぶことがない>

  • 紀伊國屋書店のサイトには,この書籍に関する「内容説明」と「目次」がない。
    通常では,場合によっては出版社よりも詳細な目次があることもあるのに,この本に関しては,まったくない。
    祥伝社のホームページをみたら,あった。
    それから案ずるに,おそらく,「支那(しな)」がいっぱい出てくるので,紀伊國屋が自主規制したのであろう。
    ***********
    66頁:のちの『論語』にも「夷狄の君あるは,諸夏の無きが如くならず」という語がある。
    これは,前とは反対に,夷狄には然るべき君主が出てくるのに,諸夏にはかえって君主がないと嘆息の意を洩らしたものである。
    ・佐賀藩では「無きにシカズ」ではなく,「ゴトクならず」と訓んでいたのか。

全3件中 1 - 3件を表示

大隈重信の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』を本棚に「読みたい」で登録しているひと

大隈重信、中国人を大いに論ず 現代語訳『日支民族性論』を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする