大東京三十五区亡都七事件―探偵小説

  • 55人登録
  • 3.32評価
    • (4)
    • (4)
    • (22)
    • (0)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 物集高音
  • 祥伝社 (2005年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (249ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632489

大東京三十五区亡都七事件―探偵小説の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何だか終わり方があっさりし過ぎて…。
    尚子さんとはなさんのプライド対決?みたいなものの結果とか、阿閉さんの尚子さんへの恋心の結末とか、色々と知りたかったなあ。

  • 三部作完結編。舞台は昭和初期の大東京三十五区。7章の怪異に記者・阿閉万と縁側探偵・間直瀬玄蕃の推理が閃く。<谷中>開カズノ雪隠ノ怪/<玉川>人魂躍ルル夜ニハ/<小石川>地ノ底ノ怪座敷/<銀座>悪魔ノ命ジタル殺人/<三軒茶屋>天狗ニ攫ワル童女/<三河島>妖怪鳴家、現ワル/<早稲田>魔人、学帽ヲ窃取ス

  • 阿閉万と玄翁先生のやりとりが好き。
    阿閉君は先生が好きだったんだなーとさいごでしんみり。

全4件中 1 - 4件を表示

物集高音の作品

大東京三十五区亡都七事件―探偵小説を本棚に登録しているひと

大東京三十五区亡都七事件―探偵小説を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

大東京三十五区亡都七事件―探偵小説を本棚に「積読」で登録しているひと

大東京三十五区亡都七事件―探偵小説はこんな本です

ツイートする