新釈 走れメロス 他四篇

  • 3251人登録
  • 3.63評価
    • (355)
    • (558)
    • (890)
    • (71)
    • (9)
  • 625レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 祥伝社 (2007年3月13日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632793

新釈 走れメロス 他四篇の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 名作をあそこまでいい意味で馬鹿馬鹿しく解釈できるのは、森見さんの才能だと思う。
    京都中を駆け巡る走れメロス。
    森見さんの他の作品ともリンクしていて、読みながら笑ってしまった。
    メロスもとい芽野があそこまでクズだと、もはや清々しい。桃色ブリーフによって示された友情…うへぇ、遠慮したい。
    桜の森の満開の下は、いつもの作品と違った不思議で妖艶な雰囲気が好き。
    彼は師匠に読ませていた時と売れっ子作家の今と、どっちの方が幸せだったのだろうか。
    そして彼は今幸せなのだろうか?
    元ネタの方も読んでみたい。

  • ネタを古典に求めるというのは芥川もやってることですしねぇ
    とりあえず、「走れメロス」が予想通りの森見節で、読んでいておもしろい

  • 森見さんの本を読むのはこれで2冊目。
    凄く文章が好きなんですよね~~
    それに前読んだものと舞台設定は一緒だから、
    話しが違っててもいろんな物がどこかで絡み合ってて、
    またそこが心をくすぐるっていうか。

    昔の文学を今風にアレンジしてるけど、それでもなんか古臭い(笑)

    なんでだろう?京都・大学っていう場所だから??
    でもそこが好きなんです。

  • 山月記の斎藤秀太郎好きです。他の話にちょっとづつ絡んでくるのも良い。
    話の中では、藪の中が1番好き。原作も読んでみたいな。森見ワールド癖になります。

  • 古典的名作の新しいストーリー。
    原作を読みたくなりました。
    走れメロスはちょっとやりすぎ感がありましたがおもしろかった。
    坂口安吾の「桜の森の満開の下」がすごく好き。


    “わけても芽野と芹名とは「詭弁論部に芽野と芹名あり」と自分たちで豪語したほどのひねくれ者で、変人揃いの詭弁論部員ですら「意味がわからない」と口にするほど意味の分からない、阿呆の双璧であった。 『走れメロス』”

  • 走れメロスのために借りてきた。

    芽野の行動はおかしいし、わかってて付き合う芹名もおかしいし、図書館警察長官も残念なタイプ。

    俺の親友が、そう簡単に約束を守ると思うなよ

  • 阿呆学生とか不思議な世界とか、いろいろな森見成分が古典を借りて読むことができます。素晴らしい。

  • 名作5編を、京都を舞台に現代に蘇らせるとこうなった!
    森見ワールドに染まった名作たち…面白いです。
    「走れメロス」以外は元のお話を読んだことがなかったので、知っているともっと楽しめたかも。
    登場人物たちがやはり個性的でユニークで、ハチャメチャだったり不気味だったりする雰囲気にぴったり。
    森見登美彦、新刊出してくれないかなぁ…早く次の作品を読みたい!

  • 古典の書き直しでもなく、なんだか不思議な感じで、原作の中に居ながら別の視点で参加している気がします。

  • お笑い系ですね。
    期待していた内容と全く違った。

全625件中 1 - 10件を表示

森見登美彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新釈 走れメロス 他四篇を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新釈 走れメロス 他四篇を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新釈 走れメロス 他四篇を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新釈 走れメロス 他四篇の作品紹介

異様なテンションで京都の街を突っ走る表題作をはじめ、先達への敬意が切なさと笑いをさそう、五つの傑作短編。

新釈 走れメロス 他四篇の文庫

新釈 走れメロス 他四篇のKindle版

ツイートする