あなたがここにいて欲しい

  • 520人登録
  • 3.49評価
    • (39)
    • (81)
    • (136)
    • (15)
    • (4)
  • 110レビュー
著者 : 中村航
  • 祥伝社 (2007年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (218ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396632885

あなたがここにいて欲しいの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『あなたがここにいて欲しい』
    いわゆる大人になると世界の広さを知る。こんな人もあんな人もいる。そしてこんな自分もあんな自分も発見する。昔必死に張っていたバリアはなんだったんだろう?そんな疑問は大人へ成長した証ということにしておこう。幼いときからの友人は広い世界の中でいつでも自分のモノサシを教えてくれる大切な人だ。

    『男子五編』
    激懐かしいキーワードに心をかき乱された。ゲーム&ウォッチ。オクトパス、ポパイ、ファイア。解像度の低いモザイク状の絵が小さい画面の中でつたない動きをするあれ。勉強机にずらりと誇らしげに飾っていたアホな自分を思い出した。゛もう一つを探し続けること゛の゛もう一つ゛。子供のころ純粋に好きだったものと別の、大人になった自分が純粋に好きになれるもの、と自分は”感じて”みた。

    『ハミングライフ』
    ここ十数年で手紙を書くという営みは消えた。友人達と小中高でやりとりした多くの手紙は今ではぐんと価値があがって取り出して読むには恐れ多いものとなってしまった。ボロボロの紙切れにつまった感情は生々しい。手紙を書くことは相当クリエイティブで能動的な営みだ。服を選ぶような感覚で封筒と便箋を選んで、相手の反応を想像して字を書いて時には絵を描いて。切手をはってポストへ出向き、ポストの前でいったん一呼吸置き相手の顔を想像する。パサリ。手紙が落ちたときの音は手紙に詰め込んだ感情の重みだ。この一連の所作を今携帯やパソコンを横目にできるだろうか。もう一度やってみたいけど恐ろしくわざとらしくなりそうで。それにそういうめんどくさい営みにつきあってくれる人もいない。ウロレターは奇跡、憧れだ。

  • あなたに告白するかもしれません

    いつかこのフレーズ使ってみよう(笑)

  • 中村航作品は、駄目な人は全然駄目だろうと思います。
    だって特に何ごとも起こらないですから。毒にも薬にもならないですから。
    でも私は大好きです。

    ストーリーではなく、言い回しや視点や言葉の選び方そのものが好きなのでしょう。
    どうでもいいようなこだわりの部分の描写に軽くこもる熱、
    そこから浮かび上がる感覚は手に取れるかのようで、
    滑稽なんだけど共感させられる。感性が合うんでしょうね。
    例えば、表題作。小田原城址の公園にいるゾウに、初めて会ったときの幼児の衝撃と、
    同じ研究室の、好意を寄せる女性が、ほかの世界を持っていたと知った時の衝撃。
    この二例が、300ギガワット・200ギガワットとあらわされ、
    なんだかもう、それがたいへんにリアルで笑っちゃったんですけども。
    ゾウの存在感が50園児ぶん、とかいう表現も好き。
    化石っぽいからシャコが嫌い、というチャラ男に対し、シャコだってお前が大嫌いだ、と
    内心で毒づく吉田くんが大好き(笑)。だってその気持ち、すごくよくわかる。
    「夏休み」の吉田くんと舞子さんの馴れ初めの話でもあります。
    私は吉田くんの真面目さと誠実さ、滑稽さが大好きだったので、また会えてうれしい。

    「男子五編」は、著者の自伝のようですね。
    明るくて楽しいですが、まぁ、これは普通。

    「ハミングライフ」は、野良猫を介して交信(?)するようになったふたりの、
    真面目だけどユーモラスなかわいいラブストーリー。
    これも楽しいです。なんてこともないんだけど微笑ましく、温かい。

    買おうかと迷ってるくらい、読んで幸せになれた本。
    とりあえず文庫を待とう(ぉぃ)。

  • ハミングライフ。
    ウロポスト。
    猫。
    トランペット。

    あんな風に繋がれたらいいな。

    小田原。
    象のウメ子見たかったな。あんぱん食べたいな。

  • 僕の好きな人が~、と似てるかんじで、コミカルな会話のノリは面白い。
    小説内に小田原城の象が出てくるんだけど、2010年だかに行ったときは象がいなくて空っぽの柵だったな~って思いだした。

    ハミングライフの、猫に餌をあげながら同じように猫を構う顔の知らない男の子と手紙のやりとりをするなごやかな雰囲気は好き。

  • あなたがここにいて欲しい
    あの、吉田君と舞子さんの馴れ初めと吉田君の半生。結局禁煙はあの騒動まで実行されなかったのか。ホワホワしていてなかなかよろしい。

    男子五編
    小中高大 作家浪人 現在 と、中村君の自叙伝的な何か なのか?
    今度、ライ麦畑でつかまえてを読んでみようかな。

    ハミングライフ
    面白かった。ほんわり、フンワリしていて。
    ウロポストを通じた文通というのが夢があっていい。

  • ハミングバードのウロを介した交信のやりとり、とても好きだった。最初の話には吉田くんも出てくる。寿司屋のところでは泣きそうになった。

  • 「ハミングライフ」がわりと好みでしたねぇ
    木のうろと猫とひとのいとなみがつないだ縁。

  • 理系男子による胸キュン小説という新ジャンル。中村航の入門編としてはすてきだとおもう。

  • 中の話はあまり面白くなかったけど、他ふたつはこちらまでルンルンしてくる楽しい話でした。

    家出した吉田くんを知ることができました。

全110件中 1 - 10件を表示

中村航の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

あなたがここにいて欲しいを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あなたがここにいて欲しいの文庫

ツイートする