木暮荘物語

  • 3625人登録
  • 3.58評価
    • (210)
    • (644)
    • (644)
    • (91)
    • (18)
  • 628レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 祥伝社 (2010年10月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396633462

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

木暮荘物語の感想・レビュー・書評

  • アパートで恋人と過ごす幸せな時間。とそこに突然の来訪者が…なんと3年前に同棲していた元彼氏。突然放浪の旅に出て失踪したにも関わらず、まだ恋人のつもりであるらしい…。

    繭と晃生の困惑はよく分かるけど、並木がまた憎めないキャラクター。奇妙な3人の日々が始まる。

    木暮荘大家の木暮老人は瀕死の友から(----モニャモニャ)の欲求を呼び起こされ、俄然と、猛然と、燃えさかるようにたぎるように、それに男のロマンを賭け…

    トリマーの美禰はホームの柱に生えた不思議な突起物の観察を続ける。いつしかそれはアレそっくりに成長して…

    浮気に勘付いた妻は、それ以来夫の淹れたコーヒーを妙な味に感じ、浮気現場を突き止めようと躍起になるが…

    階下の女子大生をこっそり覗く楽しみに目覚めた冴えない男は、次第に彼女へ不思議な感情を募らせ…

    階下の女子大生は産めない身体を持て余して奔放な生活を続けているが、友人に託された赤ん坊に母性を感じ…

    新彼氏と幸せそうにしている元彼女を諦めきれず半ばストーカー化する並木は、見咎められたご縁から別の女性宅に居候するが…

    個性豊かな木暮荘の住人たちとそれを取り巻く人々。やっぱりしをんさんはいい。なんとも言えないこの味わい。

  • オンボロ木暮荘の壁は薄い。
    たまに見かけるだけの隣人とは
    言葉を交わすことも無いけれど、
    生活音は丸聞こえ!

    あの時のあんな声や、こんな行為、
    抱いているどんな思いも全て筒抜け。

    しをんさんはさらに
    そのうっすい壁まで蹴破り(←そんなイメージ)
    理性や品性やその他なにやらの向こう側にいた
    セックス、という行為を
    白日の下に引きずり出してきちゃった。

    見えないセックスは
    いやらしい感じしかしないが、
    見える(?!)セックスは
    おかしくて、哀しくて、愛おしくて、
    あたたかくて、優しくて、泣けた。

    最高に面白かった♪

  • ノーマークだった、しをんさんの作品。
    装幀はクラフト・エヴィング商會のお二人です。
    祥伝社なので「ん?」と思ったけど

    アットホームでほのぼのして、ほろっとして
    笑えて面白かったです。
    feel loveに掲載されていたから、若干お色気が
    入っていて、それもいやらしさはないので
    さらっと読めるのです。

    登場人物がみな木暮荘を軸にしてつながっているので
    (つながりが巧みです)
    人と人の絆や温かみを感じました。
    すぐに再読するとまた楽しめると思う。

    「シンプリーへブン」「心身」「柱の実り」「黒い飲み物」
    「穴」「ピース」「嘘の味」

    もうどれが好きとか、甲乙つけがたいけど
    「心身」「柱の実り」「穴」「ピース」が最高でした。

    大家さんがまたいい味出していて、木暮荘に住みたいな。
    「真綿荘」「てふてふ荘」「妖怪アパート」も良かったけど
    『木暮荘』も好物件ですよー!

  • いや、おもしろい。おもしろすぎてびっくりした。

    最初の、3年間音沙汰なしだった並木が突然放浪の旅から帰ってきて、
    繭と晃生の平和の日常にするりと入り込んでしまう奇妙な三角関係の話に
    なんかほのぼのしたのに。

    次の話で、小暮荘のオーナーであり管理人である小暮さんは
    この手の人情ドラマでは好々爺でなければならない役回りの人だってのに
    なーにを考えているんだ。
    でもそのユーモラスな悲哀さ加減が愛おしい。
    しかしだ、将来年老いた妻になるべき我が身に置き換えれば笑ってもいられない。
    そりゃあ他の人に求められたら癪だけど、受け入れられるか否かは、
    その時まで解くことのできない、ひとの不思議ですね。

    さらに、駅の柱に何か生えたり、コーヒーが泥の味だったり、覗き覗かれたりしながら
    直接的下ネタがオンパレードなのですが、
    切なかったりあたたかい気持ちになったりするんだよね。
    覗き魔神崎の心情は、なかなかに共感。
    物語を読むという行為は、他人の生活を俯瞰して覗き見することと似ている。
    光子とはるかの1週間の親子生活はいいはなしだなー。
    最後の並木とニジコの話は、謎のふたりの本音が痛くて儚い。

    とにかく個性的な人が個性を発揮して本音を語ってくれます。
    それぞれの目線で見ると平凡な毎日がこんなに多彩で複雑だとは。
    読み進むうちに登場人物がどんどん立体化してきて存在をくっきりと感じられました。

    待っている人がいる明かりの灯る窓のある部屋を見失わないように、
    年を重ねていきたい。

  • かなり、年期の入ったボロアパート「木暮荘」
    そこに住む人たちの「性愛」についてのお話。

    かなり、初めは衝撃的だったが、人それぞれの恋愛を垣間見てるようで、少し恥ずかしい気持ちが…(゜゜)~

    みんな、個性的過ぎて驚き、ひいてしまうところもあったが
    このような生き方もありなんだなあ・・・と感じられる所もあり
    笑いあり、面白さあり、深さありの三拍子です(●^o^●)

  • 隣どころか、何軒か隔てた部屋のTVの音さえ筒抜けで
    押入れの壁を蹴破れば、簡単に隣の部屋に入れてしまう
    古色蒼然としたアパート、木暮荘。

    そこに住んでいるのは
    彼と寛いでいたところに何年かぶりに元カレが帰国してくると
    なぜか3人で和気藹々と暮らし始める女性やら

    親友の無念が伝染したかのように、
    70過ぎてから猛烈に性を意識し始めた老人やら

    空き部屋の畳を剥がして発見した穴から、
    階下の女子大生を覗き見ることを生き甲斐にしている会社員やら

    覗き見られていることさえ楽しみながら
    友人に押し付けられた生後間もない赤ちゃんに愛情を注ぐ女子大生やら
    一風変わった人ばかりなのだけれど、

    初めはお互いを胡散臭いと思っていた彼らが
    木暮荘で繰り広げられる数々の小さな事件を通して
    それぞれの生き方をおおらかに受け入れていく様子が、とてもいい。

    木暮荘の庭を自由に走り回っているせいで薄汚れている犬のジョンを
    シャンプーしてきれいにしてあげたいと願う、トリマーの美禰と
    「長期出張」の前に彼女の願いを叶えようとする
    「その筋の人」前田との数週間を描いた「柱の実り」

    女子大生光子が、能天気な友人の妊娠騒動のおかげで
    絶対に叶わないと思っていた赤ちゃんの世話に奔走する「ピース」

    最初のお話で、三角関係から静かに退場した並木が
    元カノの繭を気に入っているという不思議な女性ニジコと出逢い
    自分を導く灯台だった木暮荘が、もう過去の風景となったのだと
    やわらかく自覚する「嘘の味」など

    それなりに必死に生きている人達の日々に漂う滑稽味を上手に押し出しながら
    最後には、切ないほどの温かさで包んでしまうしをんちゃんは、やっぱり凄い!

  • おんぼろアパート・木暮荘の住人、それに関わる人達の話、連続短編集
    変な話、ひたすら性の話。でもあっけらかんとしすぎて、エッチっぽくないような…どうなんだろう?

    短編集ですが、密につながっているお話。
    うまいな、と思うけれど、
    私はあまり好きではないです。

  • 重松清の「きみの友だち」もそうなんだけど、ある話では脇役やただの背景みたいな人物が主役として登場してくるのがおもしろい。脇役なんていない。ひとりひとりの人生にはなにかしら、ドラマがあるんだな。

  • ボロアパート「小暮荘」に纏わる人々の、ちょっと風変わりで普通な日常。

    短編の一つは、
    乱歩の「屋根裏の散歩者」のごとく、男が女子大生の部屋を天井から覗く話――と説明してしまえば、「なんて不道徳でエロい内容なんだ!」と顔を顰める方も多かろう。

    だが、そこは流石の三浦しをん。
    絶妙なバランス感覚で、隠微な感じを全くさせない。田舎のオカンよろしく女子大生を心配する男に、呆れながら笑ってしまうストーリー展開だ。

    なにより愉快だったのが、女子大生の長~いメイクアップ工程を見た男が後悔するシーン。

    『君は素顔のほうが綺麗だね』って褒め言葉じゃないんだな…あんな時間かけて化粧したのに『すっぴんの方がいい』とか言われたら、そりゃあ今までの彼女だって微妙な顔するよ…ってか俺がすっぴんだと思ってた顔ってじつは薄化粧だ…

    (笑)
    このあたり、私としては「うんうん」と頷けてしまう内容なのですが。ぜひ男性に読んで頂きたいな。

  • 図書館より
     おんぼろアパート『木暮荘』の住民たちやそれに関わる人々の姿を描いた連作短編集。

     登場人物や話の設定など、各短編のほとんどがどこかずれている感じがするのですが、それがあまりぶっ飛んでるように感じられず、実はこういう人たちってどこかにいるんじゃないか、こういう事件って起こってるんじゃないか、と思わされました。たぶんフィクションと現実のちょうどいい狭間にある小説なのだと思います。

     文体や登場人物の雰囲気から作品全編にわたってほのぼのした雰囲気を漂わせているものの、全体的な話のテーマとしては男と女のなかなかに生々しい話が多いです。でもそれが不思議と下品なところまでいっていない。これも著者がギリギリのラインを分かってらっしゃるのだと思います。

     登場人物たちに人としての暖かみが感じられたのも、話の内容の割に爽やかさを感じた理由だと思います。

     

     

  • 木暮荘という古いアパートに住む人、取り巻く人々のお話。短編が7本なので読みやすかった。どの話も少し性に関する表現が入っている。現実社会に有りそうでなさそうな話の数々。

  • 安普請の古びたアパートに入居する住人たちや彼らに関わりある人たちの生活、というか妙な男女のもつれを著した7編。登場する花屋で働くお姉さんと雇い主の夫婦、アパートの大家のじいさん、トリマーの女性、転職したい男性、バカっぽい女子大生ほか、どこにも居そうな連中が、ありがちな煩悩の中で暮らしている。いや、いずれもセックス、やるやらないがテーマになってるけど、あんな連帯感はありえない。だから小説なんだわね。なんか消化不良でもたれたような読後感。

  • 木造のオンボロアパート木暮荘の住人やその人々と関わる人々の物語。
    全7話。

    「シンプリーヘブン」
    木暮荘に住む若い女性の話。
    彼女が彼と部屋で過ごしている所に、長い間行方不明になって自然消滅した元カレがやって来る。
    そして、何故か女一人と男二人の奇妙な生活が始まる。

    「心身」
    主人公は木暮荘の家主である老人。
    彼は死ぬまでにもう一度セックスしたいと思っている。
    そして、1話の主人公のカレに相談、デリヘルというものを知り若い女性を呼ぶが、そこに妻が現れてー。

    「柱の実り」
    駅のホームの柱に妙な突起がある事に気づいたトリマーの女性。
    その突起はやがて青いキノコになる。
    そして、同じようにその青いキノコを見る男性と彼女は交流をもつようになる。

    「黒い飲み物」
    1話の主人公の女性が勤める花屋の女主人の話。
    彼女は夫が浮気をしているのでは?と疑う。

    「穴」
    木暮荘に住むサラリーマンの話。
    壁の薄い部屋に響く女性のあの時のあえぎ声が気になった彼は思わず壁に穴をあけてしまう。
    あえぎ声が階下の女子大生のものだと気づいた彼は床にあいた穴から階下を覗くようになる。

    「ピース」
    「穴」で覗かれていた女子大生の話。
    子供ができない体と診断された彼女は男と遊びまわる。
    そんな彼女の元に友人が赤ちゃんを連れてきて、そのまま赤ちゃんを置いていってしまう。
    彼女は一週間、赤ん坊の面倒をみることになる。

    「嘘の味」
    1話で登場した元カレの話。
    彼は花屋に勤める元カノをストーキングしている時に、花屋の客である女性と知り合い、彼女と同居する事になる。

    読んでいる間、ずっと、いい意味で印象が変わっていく本だった。
    最初の話を読んだ時は「これは木暮荘の住人の事を短編にして書いた本なんだ・・・」と思い、三角関係の話なのに、どこかまったりした印象を受けた。
    2話は木暮荘の家主の話でやっぱり・・・と思った所、3話目は木暮荘のペットである犬と関わるというだけのトリマー女性の話で、「あれ?」となった。
    そして4話目はちょっとそれまでと違う印象のシリアスな話になった。
    まったり感からほろ苦さ、時折緊迫感とユーモアをまじえて・・・という話。

    どの登場人物も愛すべき普通の人たちという感じで、特に私は女子大生が好ましいと思った。
    住人に挨拶すらしない、今時の言葉を使い、複数の男とつきあう・・・表面だけ見たら感じ悪い女の子だなと思うけど、その内面を見ると愛しい面が見えてくる。
    彼女の寂しさやたくましさ、鷹揚さ・・・とてもいいと思う。

    こんな風に実際の隣人もその人たちの内面の人間らしさを見た時に愛しさをちょっと感じられるのだろうな・・・と思う。
    そうなると、ちょっとした物音だとか、マナーがなってない!と思う面も許せるように思う。
    ぐんぐんこちらに入って来るような、自己主張するつきあいはしんどいけど、これくらいの関わりは欲しいな・・・あればいいな・・・と思った。
    この本の人間関係はいい感じの現代風な関わりで、この世界のどこかにあるかもしれないな・・・と思える素敵な話だった。

  • ぼろアパート木暮荘を舞台にした、一見平穏に見える日常の物語。
    愛すること、それは、セックス。
    いや、それだけではない、人のぬくもりこそが、生きる糧だと感じる。
    住人たちの必死に生きている様が愛しい。

    全6室のぼろアパート木暮荘を舞台に、住人4人とその関係者3人をめぐる
    全7話の一見平穏に見える日常の物語。

    セックス、生々しく表現すれば、並木が言った言葉
    『粘膜に粘膜で触れたこと。』
    肌が触れ合うからこそ、相手の心に近づける。
    そして、守りたいという強い気持ち、絆。

    年齢も、育った環境も異なる各主人公たち。
    その心の思いや揺れを、巧みに表した著者の観察力と文章力に圧巻。
    惹きこまれて、あっという間に読みきった。

    中でも、「心身」が、愉快に読める。
    70歳を過ぎて、「セックスをしたい」と強く願望した家主・木暮。
    死を意識して、自問自答、悪戦苦闘する。
    本人は本気で、それが、滑稽でもあり、現代の高齢化社会の現実でもある。
    そして、女子大生とののんびりした会話で終わるところが、ほっこりさせる。

    私は「ピース」が一番好きだ。
    「心身」や「穴」でも登場する女子大生・光子が主人公。
    一見バカ女子が見せる本心こそが、実は多くの女性の本当の姿ではないかと思う。

    ヤケになりグレて、日々怠惰な生活のある日、友人の生まれたばかりの赤ちゃんを預かる。
    かわいいと思ったのも束の間、泣き叫ぶ赤ちゃんに最強の悪魔と感じる。
    しかし、名前をつけ、愛着が湧き、友人が戻ってこないことを祈る。
    けれど、友人は戻っきて、赤ちゃんを連れて行った。
    わずか1週間ばかりの育児で、彼女が失ったもの。いや、気づかせたもの。
    そう、子供への愛情。僕たちは、親から愛情をもらって生きてきたのだ。

    安普請で隣人の声が筒抜けだからこそ、生きている実感や人のぬくもりが感じられる。
    長屋的なつながり。
    著者は、そこに、日本人ならではの思いやりの精神があったと伝えてたいのではないだろうか?
    防音やセキュリティが完備した現代の生活では、感じられないと。

    好きになる、愛する。
    その人のことを、もっと知りたい、一緒にいたい、離れたくない。
    そんな気持ちを、思い出させた。

  • しをんさんらしい心温まるお話だった。コミカルなお話はちゃんとコミカルに、暗くて重いお話はちゃんと暗く重く、一冊で笑ったり眉間にシワ寄せたりで飽きるところがない。
    またしをんさんの描くキャラクターを見ていると、女子大生をのぞき見する変態野郎でも性欲を持て余したじじいでも許せちゃう不思議(笑)
    特にピースは、心に響いたお話だった。切実に何かを求める人よりも、ふさわしくない人にそれが与えられる、とは人生の不条理さをうまく表現できていたと思う。神崎との関係で、光子が少しでも心が安らげばいいなぁと最後の黒飴のシーンで思った。
    最後に並木のエピソードを持ってきたのがすごくよかった。読む前に、「あれ?あと誰が残ってたかな?」とちょうど思ってたところで「お前かー!」となったのでいい意味で裏切たれた。虹子さん、なんて彼女に似つかわしくない派手な名前だなぁと。彼女の暮らしっぷりはモノトーンなのに、なんて皮肉っぽいんだか。色あせた生活を並木が変えてくれればいいなぁと、最後にいい余韻を残してくれて心地よかった。

  • よくできたショートストーリーだと思います。
    読んでてクスッとくる下りもあり、ちょっと考えさせられるところもあり。

  • 最後の並木のはなしがすきだな〜。全体的にゆるっとだらっとつながってるのもいい。だらだらとした、すこしひんやりとした空気。

  • 都内の住宅街にあるおんぼろアパート木暮荘。
    そこの住人とその周りの人たちの日常の物語。

    ひょんなことから、元カレ今カレと3人で同居することになった花屋の店員-シンプリー・ヘブン

    駅の柱に、妙なものが生えてきた。誰にも見えないらしいそれが見えるやくざさんと出会い、友好を深めるトリマー-柱の実り

    階下に住む女子大生を、天井の節穴から除くことにはまってしまった会社員‐穴

    他4編

    レビューを見ると、好き嫌いは分かれるようですが、私は好きです、とっても。
    さりげない愛が見える、そんなお話たち。
    個性的で、愛すべき登場人物は、くせ者揃いなのだけど、憎めない。
    著者の描く、木暮荘周辺の人々のお話、もっと読みたい気がします。

  • シンプリーヘブン
    泣かせようとなんて全然してないのに涙が溢れた。なんでかな?
    不思議なお話。わたしの中の何かに触れるんだろうな。

    登場人物一人一人が本当に生きてる。

  • やっぱり三浦しをんさんは人間を描く天才だと思う。
    短編より長編のが好きだから、全然期待しないでなんとなく選んだ本だったけど、いつの間にか夢中でページをめくってました。
    他にすることがあるのに、つい本に後ろ髪を引かれてしまい読んでしまう。
    あ〜やらなきゃいけない事あったのに!って思うのに、この感覚になる本に出会えるとうれしいです。

    木暮荘を中心に住人やそこに関わった人を描いた連作短編集なんですが、一つ目のお話まではただの住人や他人だった人が次のお話では生き生きと描かれ息を吹き込まれていく様にとても魅了されました。
    小説の中だけじゃなく、現実のちょっとすれ違っただけの人にもきっと色んな物語があるんだろうなと思わせてくれます。

  • 7つの短編集ですが、全てリンクしています。不思議な感じの物語でした。木暮荘に集う人達はみんなどこか悲しみと優しさを持っている気がします。「性」を扱っているのですが読みにくい感じは全くなくてさらっと読めました。でも、根本はとっても深い物語なんだと思います。さすがしをんさん・・・。

  • 帯にあるようなほのぼのした話ではなかったと思う。断じて。なんだかよくわからないけれど、読了感が良いものではない。おもしろくないわけではないけど。残るものはそう多くないな、と思ってしまいました。
    2011/3/12読了

  • ボロアパートとの住人や周辺の人の交差をスパイスにした7編の短編集。

    どれもセックスが話の中心にある。あるが官能的では全くなく主人公たちにとって深刻さは違うのだがやっかいなモノみたいな感じてしょうか。

    ヒトの優しさで話は満たされているので、ホンワカした気分にさせるのだが、そこでセックスが重要アイテムとして絡んでくると、はっきり言えば、物足りないんだよね。

    なんだか、単なるエロな自分の告白出しかないレビューになってしまった。

  • 都心のおんぼろアパート、小暮荘をめぐる
    個性豊かな人たちの物語。
    地域やご近所のつながりが薄くなった今、
    ゆるくつながれる誰かを求めている、
    そんな時代の空気感をよくとらえた、
    興味深いエピソードばかりでした。

    なかでも女子大生の話がもっとも心に迫り、
    考えさせられました。

    望まない妊娠をする人もいれば、
    ほしくても子どもができない人もいる。。。
    この不条理さはなんなんだろう。
    子どもは親を選んで生まれてくる、という話を
    聞いたことがあるけれど、本当なんだろうか。

  • 木暮荘に住む人たちのそれぞれの日常の物語。微妙な接点からつながるのがおもしろい。
    私的にはピースが切なくて…。

    一つで7回楽しめる三浦しをんさんらしいお話でした。

全628件中 1 - 25件を表示

木暮荘物語に関連するまとめ

木暮荘物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

木暮荘物語を本棚に「積読」で登録しているひと

木暮荘物語の作品紹介

小田急線・世田谷代田駅から徒歩五分、築ウン十年。空き室あります!安譜請ですが、人肌のぬくもりと、心地よいつながりがあるアパートです。うまい、深い、面白い。三拍子揃った会心作。

ツイートする