ジャッジメント

  • 108人登録
  • 3.66評価
    • (5)
    • (37)
    • (13)
    • (5)
    • (1)
  • 29レビュー
著者 : 佐藤青南
  • 祥伝社 (2013年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (360ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396634117

ジャッジメントの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2016.01.28
    また一つ新しい作家に逢えた。清々しさが残る法廷ドラマ。青春と仲間と信じることと。最後にわかるピッチャー宇土の怒り。彼を救う新米弁護士のリリーフ中垣。弁護士は裁くのではなく救うのだと。この作家「佐藤青南」を読んでみよう。今回は題名に惹かれて借りてきたのだが•••。

  • 法廷モノの部分で一体どうやって無罪を勝ち取るのかとワクワクしながら読んでいたら、こう来るのかという感じでしたね。
    個人的にミステリーとして、まだまだ目新しさを感じさせてくれる作者には非常に好感が持てました。

  • 初めて読んだ作家サンです。
    最初、作者名から女性だと思っていたけど、この本を読んで男性なのかな?と思いました。

    かつての高校時代のチームメイトであるプロ野球選手、宇土の弁護を担当する事にした中垣。
    宇土の問われている罪は殺人。
    被害者は宇土のチーム監督。
    凶器に使われたのはかつて宇土が被害者となった監督からもらっていた記念のバットで、宇土には監督を殺す動機もあった。
    中垣は宇土の無実を立証するため、周囲の人間に聞き込みをする。
    その中で、宇土に対する疑惑が一瞬芽生えたりもしつつ、他のチームメイトたちと協力し、宇土を無罪にしようと力を尽くす。

    この話は宇土、中垣の現在の様子と甲子園を目指した過去の話が交錯しつつ進行していきます。
    そして後半、現在の話では裁判で、過去の話では甲子園を目前にする所まで勝ち進むというクライマックスを迎える。
    現在の話では真の犯人は誰なのか?本当に宇土が監督を殺していたのか?そんな事を思い、過去の話では名もない高校の野球チームが甲子園にまで行けるのか?という興味で読み進め、それが最後にはひとつになる。

    よくできた話だな~と思いました。
    現在の話で分かった真相が過去にもつながっている事が分かるあたり、うまい。
    いい話だし、文章も特に問題なし。
    なのに、何故かこの本を読んでいると眠くなって何度も途中で寝てしまいました。
    どこも何も悪くないですが、内容的に私の興味をひくものじゃないからだろうと思います。
    仲間たちと一つのものに向い心をひとつにしていく。
    そういう経験がある人なら熱く読める作品だと思いました。

    宇土は高慢でマイペースな所があり、つき合いにくい性格だと言えます。
    そんな男性に最初は拒否反応を示していたチームメイトたちが目的をひとつにする中で本当の仲間になっていく。
    そして、そんな関係は時を隔てても変わらない。
    そういうのを見ると羨ましく思いました。

  • こちらはそれなりに面白かった。
    ただし、野球がほとんどわからない者の感想です。

  • プロ野球界を舞台にした冤罪事件と戦う、元高校球児の話。
    読売ジャイアンツという巨大野球組織の暗部をエグりつつ、ミステリーと友情の話を描くという設定はオモシろいが…。

    社会批判(というか巨人叩き)の臭いが少々強すぎてちょっと雑味になってる感じ、そういうのあからさまに嗅ぎ取ると興ざめしてしまう部分もあって、元阪神ファンのアンチ巨人(今は特定の球団ファンとアンチはやめました)として、そういうのって過去の自分の恥部を読んでるようでちょっとツラかった。

    それと、犯行を覆す証言、あれどう考えても検察が見逃すのは無理がある。日本の警察も、一般庶民のゴタゴタならともかく、日本を代表する球団の超有名監督が殺されたとあっては、そんなことを見逃すほど無能は捜査はしないはず。そういう展開にするならもうちょっと突っ込んで、そこをなぜ見逃したのか?を核心部に持って来ないと…

    友情のラストは感動するが、それ以外ちょっと荒っぽいかな

  • 面白かったー。この人、やっぱすごいや。

  • #読了。
    新米弁護士中垣が担当する殺人事件の被告人は、高校野球部のチームメートのエース宇土。訳あって高校時代に絶交してしまった者たちが、宇土の無実を信じ走り回るが・・・
    青春ミステリーとして熱いものはあったが、スカウトの目が節穴ではないというような描写がありながら、それは・・・という気がしなくもない。冒頭のタバコの件がそこに落ち着くとは思わなかった。

  • 都合の良すぎる小説ですね。巨人を貶めた感じだし、設定も超安易。

  • 殺人の嫌疑をかけられたかつての友人のため、奮闘する弁護士の主人公。そして彼らの過去にある、とある確執。法廷ミステリのようで、青春ミステリでもある作品。
    野球ネタなので、野球にまったく興味のない私はあまり入り込めない部分もあったのですが。それでもラストで明かされるとある真相には感激してしまいました。殺人事件よりもむしろ、こっちがメインかも。読後感もとてもすがすがしいです。

全29件中 1 - 10件を表示

佐藤青南の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ジャッジメントを本棚に登録しているひと

ジャッジメントを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ジャッジメントを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ジャッジメントを本棚に「積読」で登録しているひと

ジャッジメントはこんな本です

ジャッジメントの文庫

ツイートする