黎明の笛

  • 52人登録
  • 3.74評価
    • (4)
    • (11)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : 数多久遠
  • 祥伝社 (2014年3月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (300ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396634346

黎明の笛の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 杉井幸子がいちばん気になるのだけどな…

  • 160708図

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    空自幹部の倉橋日見子は、二年間交際していた陸自・特殊作戦群の秋津和生からプロポーズをうける。だが、上司に婚約の報告をしたその日から、日見子に対する情報保全隊の執拗なマークがはじまった。身辺を疑われる覚えのない日見子は、情報班の部下、安西とともに真相を探るべく、密かに動き出す。その矢先、秋津率いる約四〇名が演習場から突然失踪。直後、「竹島を“奪還”した」という驚愕の一報が!緊張が走る航空総隊司令部。はたして失踪メンバー、秋津たちの真の目的は?そして日本政府は、自衛隊はどう動くのか?情報の閉ざされた中、日見子の孤独な二四時間の戦いがはじまる…。航空総隊司令部を舞台に元空自幹部の著者が放つ、緊迫感あふれる異色のエンターテインメント登場!

  • 派手なアクションはなし。情報戦。

  • 先が気になって一気読みしました。面白いです。
    但し、武器やシステムについて知識がない人用に解説があった方がより親切だったと思います。

    最後は悲劇を予想していましたが、ある意味明るい(しかも理想的な)未来を想像させるものであったので、ほっとしました。

全5件中 1 - 5件を表示

数多久遠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

黎明の笛を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黎明の笛を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黎明の笛を本棚に「積読」で登録しているひと

黎明の笛の作品紹介

元空自幹部の著者が放つ迫真のエンターテインメント
陸上自衛隊特殊作戦群が 竹島“奪還”!? そのとき航空自衛隊司令部は――?
情報を武器とするハイスピードな頭脳戦。明日起こるかも知れない日本の危機を描く!
単行本版からの電子書籍も同時発売!

自衛官が白昼、路上で刺殺された。それが始まりだった――。
空自幹部の倉橋日見子は、二年間交際していた陸自・特殊作戦群の秋津和生からプロポーズをうける。だが、上司に婚約の報告をしたその日から、日見子に対する情報保全隊の執拗なマークがはじまった。身辺を疑われる覚えのない日見子は、情報班の部下、安西とともに真相を探るべく、密かに動き出す。その矢先、秋津率いる約四〇名が演習場から突然失踪。直後、「竹島を“奪還”した」という驚愕の一報が! 緊張が走る航空総隊司令部。はたして失踪メンバー、秋津たちの真の目的は? そして日本政府は、自衛隊はどう動くのか? 情報の閉ざされた中、日見子の孤独な二四時間の戦いがはじまる……。
航空総隊司令部を舞台に元空自幹部の著者が放つ、緊迫感あふれる異色のエンターテインメント登場!
加筆改稿された本書に、写真付きの注釈リンクを加えた電子書籍も同時に発売されます。

黎明の笛はこんな本です

黎明の笛のKindle版

ツイートする