私は存在が空気

  • 701人登録
  • 3.58評価
    • (27)
    • (102)
    • (95)
    • (14)
    • (2)
  • 109レビュー
著者 : 中田永一
  • 祥伝社 (2015年12月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396634841

私は存在が空気の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 乙一、じゃなくて中田さんの優しさが心に染みる短編集でした。

    中田さんは作品の中で、弱々しく、馬鹿にされている人間達に‘超能力’という‘力’を与える。
    それは『サイキック人生』の少女の一世一代の‘優しい嘘’みたいなものかもしれない。
    それを偽善と思う人もいるかもしれないけど、偽善でも救われる人もいる。

    『私は存在が空気』は『暗いところで待ち合わせ』を、『ファイヤースターター湯川さん』は小説『ジョジョ』を思い起こさせる。

    お気に入り作品は『少年ジャンパー』。
    博多弁が心地よく、スケールが小さいようで大きいのが好み。

    お気に入りキャラは『ファイヤースターター湯川さん』の片腕がなく、吃音でチック症の溝呂木。
    ギャップにしびれる。

    『ファイヤースターター湯川さん』のラストのあの台詞は、もしかしたら中田さんが自分の息子に捧げた台詞かな。前読んだ『ダヴィンチ』で二年前に息子が生まれた、とか書いてあった気がする。

  • 乙一さんの別名義である中田永一さんの新刊です。普段はこのテの表紙の作品は敬遠してしまうのですが、このたび山本周五郎賞にノミネートされたということで手に取ってみました。確かデビュー作以来です、乙一さんの作品を読むのは。
    6編から成る短編集ですが、どの作品も重くなく軽妙で、すらすら楽しく、あっという間に読み終わりました。適度にひねりを利かせて、適度なところに着地し、適度に感動を与えるプロの作品に仕上がっている、という印象です。もっとも、もうひと押しあれば絶対傑作になっていたのになあ…と思えたものもありました。
    個人的に一番面白かったのは「ファイアスターター湯川さん」かな。これを読んで宮部みゆきさんの『クロスファイア』を思い出したのは私だけではないはず。

  •  中田永一とは、乙一さんの別名義の1つである。作風としては青春物が多いだろうか。長編『くちびるに歌を』は素直に良い作品だったが、一方で苦手意識もある。今回は超能力者×恋物語? 苦手を覚悟しつつ、手に取ってみたが…。

     「少年ジャンパー」。タイトルから想像できる人もいるだろうか。容姿にコンプレックスを持ち、不登校になった少年の能力とは。彼が一歩踏み出す物語という側面もあるもの、うーん、利用されているだけのようで、切ない…。

     表題作「私は存在が空気」。こんな能力があったら悪用されそうだが、少女にとっては自衛のためだった。そんな彼女の恋の結末とは…。「空気」からシンデレラに華麗に変身する話ではないとだけ書いておきましょう。あなたらしいですわ。

     短い「恋する交差点」。これって超能力なの? よ、よかったね…。これまた短い「スモールライト・アドベンチャー」。きっかけは小学生らしい下心だが、気になるあの子のピンチに立ち合がる。少年も頑張ったけど、最も褒めたいのは「彼」か。

     一転して本作中最も長い「ファイアスターター湯川さん」。タイトルで能力がバレバレ。あの作品を思い出すところだが、あれほど重くはない。しかし、軽くもない。映像化には向いているだろう。こういうネタの料理法のうまさは、著者らしい。

     「サイキック人生」。天然キャラで通っている少女は、実は超能力者だった。天然キャラが不本意な彼女は、いたずらが過ぎて、霊能者として評判になる。そんなことしなければ、騒ぎにならなかったのに…。で、恋の行方はどうなるの?

     というわけで、全6編、恋愛ベタベタな作品はほとんどなく、自分としては「乙一」作品として楽しんで読めた。本人が別名義を公表後も、中田永一名義で発表しているのは、照れ隠しなのだろうか。作品が読めるなら、名義はどうでもいいのだが。

     時間がかかってもいい、これからも、乙一さんにしか書けない作品を。

  • 作者お得意のコミュニケーションが苦手だったり、コンプレックスを抱いている少年少女の物語。そこに少し不思議な要素がプラスされています。
    ひきこもりの少年は瞬間移動の超能力を持ち、存在感の乏しい少女は完全に存在感を消すことができるようになる。そんな不思議により、一歩踏み出す物語が展開されます。しかしそれはコンプレックスが消え去ることでなく、コンプレックスはコンプレックスとしてそのままであり、でもそのコンプレックスも含めて自分なのだと受け止めたかのような一歩なのです。だから、その一歩がとても大きく強く感じられるのです。
    その中で異彩を放つのが発火能力をもつ少女の出てくる「ファイアスターター湯川さん」。裏社会に生きる超能力少女がつかの間平凡な暮らしを体験するというのは、昔からあるパターンではありますが、作者特有の淡々とした描写が重さを消し去り、ラストの清々しさを生んでいます。これもまた大きな一歩を踏み出す物語ですね。その姿は読み手のこちらの背も温かい手で押してくれます。

  • タイトルと表紙の女の子が印象的だったので読むことに・・・
    何篇かの短い小説が収められていてこのタイトルのお話は2話目でした。
    ひきこもりの子供のお話かと思いきや、存在感がないことを活かして
    レイプ犯を検挙するという勇ましい展開に・・・(笑
    彼女はこの中で恋をするのだけれども
    人を好きになる事によってだんだんと自分の輪郭がはっきりしていく・・・
    きっとその先は失恋が待っているのだろうけど、
    人を愛する事を第一歩として彼女の人生がはっきりと形づくられていくのだと思った。

  • 図書館にて。
    乙一さんお久しぶりです、という感じ。
    「ZOO」を初めて読んだ衝撃を思い出した。
    あの作品より柔らかくて読みやすいかな。
    中田永一さんとしての本だし、ホラーではないし。
    「少年ジャンパー」すごく良かった。
    「私は存在が空気」この人にしか描けない世界だと思う。
    「ファイアスターター湯川さん」これも良かった。ありがちなようで、風景が見える素敵な作品。
    でも表題作が一番良かった。
    好きな作家の作品はやっぱり間違いがない、と思わせてくれる作品だった。

  • タイトルに惹かれて読んでみました。
    超能力があるからと、大それたことを考えるでもなく日常を送る人たちとちょっとした恋のお話でした。
    少年ジャンパーと私は存在が空気、サイキック人生が面白かったと思います。

  • 超能力者、だけど普通に生きる人の話。
    みんな可愛い。
    ジャンパーのひきこもり君が幸せになるといいな!

  • 少しだけ不思議な力をもった人々を描いた短編集。

    どのお話もほっこりできて、とても好き。
    もし自分にこんな能力があったら何するかな。
    ジャンパーの力が1番便利でいいなあ。

  • これまでで一番、乙一感あふれる中田永一…!
    個人的には浅野いにおの表紙が◎

全109件中 1 - 10件を表示

中田永一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

私は存在が空気に関連する談話室の質問

私は存在が空気を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

私は存在が空気を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする