秋霜

  • 88人登録
  • 3.72評価
    • (6)
    • (15)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 葉室麟
  • 祥伝社 (2016年5月11日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396634940

秋霜の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容(「BOOK」データベースより)

    一揆から三年、豊後羽根藩の欅屋敷で孤児を見守り平穏に暮らす楓の許を、謎の男・草薙小平太が訪れる。彼には楓の元夫で、大功を挙げた後、藩主・三浦兼清の旧悪を難じ上意討ちに遭った前家老・多聞隼人と因縁があった。だが、楓と出会った刹那、小平太の中に一つの想いが芽生える。やがて兼清の罪を断じ羽根藩の改易を目論む幕府の巡見使来羽の時が迫る中、旧悪を知る楓たちには藩の魔の手が…。

    平成29年12月6日~7日

  • もう一度。再読せねば、と、思う。

    春雷

    アタシの中でサラリとトーリ過ぎてしまった。
    鬼隼人‼︎
    こんなに、存在感もたせた。続編‼︎

    あまりにもの悪代官⁉︎話が出てきたかと、思いつつ…
    読み応えありましたぁ。

    楓さんの言葉は響いてくるぅ。
    そして、届くの小平太にぃ。

  • とうとう臥雲さんも…そうか…
    子平太かっこいいな…
    楓さんが2人の気持ちに気づいていたところに驚いた…
    兼清おろかだな…兵衛は結果的に良い人だった本心を全然見せないから…佐十郎も良かった。
    人間味あふれる人が集まっているから、その分自分の周りでも考えてしまう

  • 2017.1.12

  • 共感できる人物がいないな。

  • 葉室麟の羽根藩シリーズは最高ですね!今回の話は、多聞隼人の話の続編的な内容となっていて、隼人の志を引き継いで生きる人たちの姿や、それに対峙する役人との対決図式、武士の宿命など、心打たれる内容ばかりで、素晴らしい物語でした。
    最後のオチも感動的で良かったですね!
    また、羽根藩シリーズの続編に期待したいところですが、さすがにもうネタ切れですかね?

  • 葉室麟のこの傾向の小説は、一度はまると抜け出せない。

  • 羽根藩シリーズ、とのこと。「春雷」の続編。
    登場人物の相関図を思い出せなくて(^_^;)
    楓様がついに幸せになれそうなことが、うれしい。

  • 一気に読ませる力がある作品 理不尽な人生でありながら、懸命に生きていく人々を力強く描いている 自分の信じる道をひたすらに突き進む下級武士の生き様は、周りの人々に力を与えて行く

  • 豊後・羽根藩シリーズ第4弾。なんか聞いたことあるような話が出てくると思ったら『春雷』の続編だった。臥雲、玄鬼坊あたりはかろうじて記憶にあるけど、白木立斎ははっきり言って記憶なし(笑)。臥雲の最期や、小平太と楓の再会の場面はよかった。

全11件中 1 - 10件を表示

葉室麟の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

秋霜を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

秋霜を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

秋霜を本棚に「積読」で登録しているひと

秋霜はこんな本です

ツイートする