タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録

  • 82人登録
  • 3.39評価
    • (3)
    • (11)
    • (4)
    • (2)
    • (3)
  • 12レビュー
制作 : 竹内 薫  P.M.Ken  岡 由実 
  • 祥伝社 (2010年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396650452

タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 米コネチカット大学の理論物理学教授ロナルド・マレット博士(1945年~)が、自らが発見したタイム・トラベルの理論と、自身が歩んできた半生を振り返ったノンフィクション作品。2007年原書発表、2010年邦訳出版。
    マレット博士は10歳のときに最愛の父親と死別し、以後、タイム・マシンに乗って在りし日の父親に会いに行くことをモチベーションに、タイム・トラベルの研究を続けてきた。そして2001年に、世界で初めて現在の地球上で調達できる部品を使った「実用的」なタイム・マシンを作る方法を発表し、注目された。アインシュタインの一般相対性理論に基づくその原理は、世界中の重力理論の専門家から、理論的には正しいと考えられているのだという。
    本書には、タイム・トラベルについての理論的な説明も多く含まれており、専門外の私には理解できない部分も少なくなかったが、全体を通しては博士の半生記となっているため、さほど読みにくさを感じることはない。
    ざっとネットで見る限りは、その後、博士の研究に目覚ましい進展があったという情報はないが、タイム・トラベルは、古くはウェルズの『タイム・マシン』から、筒井康隆の『時をかける少女』、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』まで、いつの時代もロマンをかき立ててくれるテーマであり、充分に楽しむことのできる一冊である。
    (2010年9月了)

  •  タイム・マシンが現在、人類初の「実用的」な機械として組み立てられつつあるのをご存知だろうか。すでに実験は第2段階に入っており、これが成功すると、素粒子や情報を過去に送ることが可能になるという。本書は、この画期的なタイム・マシンの方程式を発見した物理学者、ロナルド・L・マレット博士の半生記である。実験が成功したのちには、彼が黒人で第一号となるノーベル物理学賞受賞者となることが確実視されている。
     タイム・マシンの完成は、マレット博士の悲願だ。なぜなら、彼は死んだ父親に、どうしてもどうしてももう1度会いたいと願い、そのためだけに物理学の勉強を続けてきたのだから。実は、このタイム・マシンでは、理論上はマレット博士は父親に会えないことがわかっている。けれど も、彼は本書の最後で父親との再会を果たす。
     数々の試練の中、諦めずに闘ったマレット博士の半生に拍手。

  • ノンフィクションもので淡々とこの男の生涯を語ったもの。
    あんまり起承転結もなく、偉人の伝記を読んでるような感じでした。
    もうちょっと面白く書けたんじゃないかなーと思います。

  • SFかと思ったら真面目な話でした。ちょっと肩すかし!

  • 理科が好きな人が読んだら楽しいだろうなと思った。

  • 和図書 289.3/Ma39
    資料ID 20101044947

  • 人類はいつか過去へタイムトラベルできるかもしれない。

    タイムトラベルの方程式を導き出した、アフリカ系アメリカ人物理学者の物語。

    ただ一つの夢が彼を支え、彼をここまでつれて来た。
    その人生に感服するばかりだ。

  • 物理の難しいことはわからないが、マレット博士のお父さんを思う気持ちがよかった。
    物語や、映画に夢中になるところもとても共感を持てる。
    いつか未来から接触があるかもしれない。かなりわくわく!

  • 自伝だった

全12件中 1 - 10件を表示

ブルース・ヘンダーソンの作品

タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録に関連する談話室の質問

タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録を本棚に「積読」で登録しているひと

タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録の作品紹介

世界中が認めた「実用的なタイム・マシン」は、いかに生み出されたのか。

タイム・トラベラー タイム・マシンの方程式を発見した物理学者の記録はこんな本です

ツイートする