連結部分は電車が揺れる (FEELCOMICS)

  • 38人登録
  • 3.29評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 内田春菊
  • 祥伝社 (2010年3月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396764883

連結部分は電車が揺れる (FEELCOMICS)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大変今私は揺れております。

    この本だと40代のことだけど、30代でもあるある!
    連結部分なので、40になったばかり、30になったばかりって時の話だとおもいます。

    電車が揺れる にあった、吊革持たないと電車の揺れにたえられなくて、
    人にぶつかる話、ものすごく、わかる

    ぶつかられるのも、若い女性なら出会いとかなるかもしれない。
    でもこの年齢でぶつかったら、単なる「ダメな人」な気分。
    それより、若いころはたってられたけど今は支えが無いと立てない!
    体で老いを感じつつ、老いによる迷惑をかけてはいけないなどいろいろ考えさせられました。

  • 2010/7/07購入
    2010/7/07読了

  • 身なりにかまわない地味な後輩をやたら敵視する若づくりのアラフォーOLが、ガンになった悪夢をみてそれをきっかけに自身をふりかえり、反省して前向きにいきていく「他人にはどうでもいいこと」25人にひとりの確率でいるらしい「やらずにおもわせぶりだけして得したい男」とかれに翻弄される人妻をえがく「25人に一人の君」そしてセックスレス夫婦が紆余曲折を経て絆をふかめる(?)表題作「連結部分は電車が揺れる」の3編で構成された短編集。なのだけれど、主人公は思い込みがはげしすぎるし、周囲の人間もなんだかすっきりしない性格の者ばかりで、共感できる登場人物はだれひとりとしておらず、そのじわじわとだが確実にぐったりくる、あきらめに支配された収束の仕方にも違和感だけがのこった。こんなふうにつながっている(く)しかないのならば、中年男女ってさびしいしかなしいしむなしい。ただ、これ「四十路にして惑いまくり」(帯より)のアラフォーを主役にした物語だそうで、その帯にいつわりなく、みんな盛大に惑いまくりなのだけれど、しかし、これからもきっと惑いまくるし、おそらくこれまでも惑いまくっていたのだろうなという人ばかりで、だとすると年齢はとくに関係ないんじゃないかとおもう。だのにことさら不惑を強調する意味が不明だ。ただ、思春期ぶとりしたローティーン女子の、だらしなくはしたない、ちょっと目をそむけたくなるような肉づきを、容赦なく絵にしてしまう底意地のわるい筆致はいつもながらさすがとしかいいようがない。たいして中年女には比較的、いやだいぶか、やさしいというかあまいというか、シミやシワ、クマやタルミなどの、当然あってしかるべき容貌の衰えは、なぜだかほとんど描き込まれていない。

全3件中 1 - 3件を表示

内田春菊の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

連結部分は電車が揺れる (FEELCOMICS)を本棚に「積読」で登録しているひと

連結部分は電車が揺れる (FEELCOMICS)はこんなマンガです

連結部分は電車が揺れる (FEELCOMICS)のKindle版

ツイートする