ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)

  • 211人登録
  • 4.23評価
    • (31)
    • (20)
    • (13)
    • (0)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 小池田マヤ
  • 祥伝社 (2010年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (178ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765118

ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美味しそうな話は大好き。
    家政婦さんがドロドロを垣間見るのは好きだけど、家政婦さん自身がドロドロに入るのは好きじゃないなあ。

  • ☆あらすじ☆落ち目のライター・五十鈴、妻を亡くし息子との距離をはかりかねる修、その他、自分勝手な作家が住み集う、イヤサカ荘…。 そこに派遣されてきた家政婦・里(さと)は、彼らにとってスパイスか、それとも――。 大人気、『放浪(さすらい)の家政婦さん』に続くシリーズ第2弾! マンガに登場した、激うまメニューの書き下ろしレシピ付き!

    ★感想★男勝りな家政婦里のデキる感じがよかったです。絵はラフなので若干読むのに疲れるかも。簡単にできる料理は殆ど出てきません。また少し男性が苦手な女性的な描写が出てきますのでご注意を。

  • ご飯もおいしそうだけど。
    とにかく里さんが人間臭くて好き。

  • こちらの方が話のまとまりととっつきやすさはあるかも

    カレー ほんっとにうまい
    思わずやってみた

  • 家政婦さんの続編。
    ご飯が美味しそうで読んでるだけでたまらない!
    里は相変わらずかっこよくて
    惚れちゃいそう。

    2012.2.5読了

  • 放浪の~の続編。前作は短編ばかりでしたが、今回は長めの話も収録されていて読み応えばっちり。ばらばらだったみんなが一緒の食卓を囲むようになるシーンでは、何だかこっちまで嬉しくなりました。せっかく一緒に住んでるんだもん、食事くらいはわいわい食べた方が楽しいですよね。

  • 絵が苦手なタイプだったけれど、内容は楽しめた。

  • お腹すく~!でも自分で作りたい類のメニューじゃないんだよね。やっぱ家政婦に作ってもらいたい。

  • 敬愛する漫画飯再現ブログで知った漫画。
    小池田先生のことも全然知らなくて、今過去作が届くの待ちです。
    この本も全然本屋に在庫がなくてイライラしましたw
    放浪の方が既刊ですが、こちらが先に見つかったので読んでしまいました。結果的にはそれで正解だったかと。
    小池田先生初心者の私にはテーマが重すぎずかつ共感でき、特に後半のイヤサカシリーズはコミカルでもの凄く引き込まれました。
    登場人物の心理描写がとても生々しくて、それどころか生臭いぐらいなんですが、そこがイイ子ちゃんぶった上っ面の他の漫画作品のキャラと一線を画していて素晴らしい。
    絵は見にくいところもあるものの、美味しそうな料理と個性的なキャラクターがしっかり描かれています。
    早急に次作、次巻希望!!!

  • うん。いろんな人がでてきてキャラの書き方がうまくておもしろい

全26件中 1 - 10件を表示

小池田マヤの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
中村 明日美子
久住 昌之
有効な右矢印 無効な右矢印

ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)に関連する談話室の質問

ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ピリ辛の家政婦さん (Feelコミックス)のKindle版

ツイートする