恋するサバンナ (Feelコミックス)

  • 206人登録
  • 3.38評価
    • (6)
    • (18)
    • (23)
    • (7)
    • (1)
  • 26レビュー
著者 : 山崎童々
  • 祥伝社 (2011年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765170

恋するサバンナ (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • チャラ男とトラウマ女の駆け引き。喰うか喰われるかってことでサバンナなのか。

    まぁ、どっちも肉食なのですが。

    明石くんの話は、乾さんのまっすぐさが好き。
    飯沼先生、綺麗なんだから妙な気起こさず再婚しようよ…

  • サクライろくでなしすぎるのにもてるってどういうこと?業界系の恋愛モノはサプリが秀逸だけど、それとは違う目線のガツガツしていないけど、年とか年次とか、仕事の中身とかに煮詰まり気味の男たちの物語。こじらせてるわけでも、迷走しているわけでもなく。煮詰まっている。っていうのが、ポイント。でてくる女の子はこじらせ系の子で、うっとうしいんだけど、それを飼い馴らすのが楽しみみたいな?

  • 「木暮荘物語」コミカライズの著者さん。今風の、オシャレな、FCらしいマンガ。働くものとして「シリカゲル」のほうに共感した。童々ってお名前がいいですね

  • 山崎童々さんのイラスト、とても好きです。

    内容は、仕事の出来るイケメンで本気で誰かを好きになったことのないチャラ男と過去の恋愛にトラウマ持ちのサバサバ系女子との恋愛。
    お互いに素直になれず、距離感がもどかしい。
    細かいところまでじっくりと描かれているわけではないですが、雰囲気で読む漫画なんだと思います。

    個人的にはサラッと読めてしまうので、好きです。

    もう一本は、チャラ男の仕事仲間である男性が主人公となり、仕事面をメインで描かれています。
    こちらも面白いのでオススメです。

  • タイトル買い 絵が好きだ

  • 低温男児やばい好き

  • 一本は恋愛が、一本は仕事が中心の二本の話が入っている。痛い恋愛と厳しい仕事。なんだけど、どちらも良い! 好き!

  • 絵がすき。

    「この世の恋に確信なんつーもんはナイ!」
    「どいつもこいつも分かったフリしてあさっての方向に突っ走って自爆すんだよ」
    「だからもう嫌なんだって怖いんだって俺は俺がかわいそうな目に合うことだけは耐えらんない…‼」

    わたしのことか…?
    名言。

  • ちょっと期待し過ぎたかも。
    後半の明石の方が共感できたかな。

  • ヤマシタトモコ風。部分的にねむようこ風。悪くないけど、そこまでは…。今後に期待。

全26件中 1 - 10件を表示

山崎童々の作品

恋するサバンナ (Feelコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

恋するサバンナ (Feelコミックス)のKindle版

ツイートする