トラップホール 3 (Feelコミックス)

  • 240人登録
  • 3.58評価
    • (8)
    • (20)
    • (26)
    • (3)
    • (0)
  • 16レビュー
著者 : ねむようこ
  • 祥伝社 (2014年2月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (162ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396765972

トラップホール 3 (Feelコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2巻でやめようと思ったけど、また買っちゃった・・・
    毎回スッキリしないんだけど
    それが逆にリアルだよね。現実っぽい。ありそう。

    自分の不幸をネタにされて怒ってたけど
    他人には、そんなもんなんだよ。それっぽっちのことなんだよ。
    自分は悲劇のヒロインでも、他人から見たら
    ただのネタなんだよね。
    だから自分もネタにしちゃえばいいんだよね!

    さて、4巻はどうしようかなーー(笑)

  • う〜ん…相変わらず迷走してるなあ。
    ただ、この巻ではハルコがあまり不幸せだとは思わなかった。なんというか自分次第でどうにかなりそう。働けるし、結構周りの人にも恵まれてるしね。

  • 突然の婚約破棄から始まった、
    一人の女の転落人生。

    転落人生でもないな。
    タイトルの通り、
    立ち直っては堕ち、
    立ち直っては堕ち、の、まるで落とし穴。

    男につけられた傷は男で返す。
    普通、次から次に男にいく女を見てると
    すごく嫌な気持ちになるところだけれど、
    すごく応援したくなる。

    可哀想なフリして…ってなるとこだけれど、
    ほんとに可哀想。

    けどそれが全部リズミカルに、
    アップテンポに進んでいくから
    見ていて爽快!

    転んで立ち上がる様がかっこいい。

    それぐらいたくましい女に私もなりたい。

  • ハルコのふらふら感がすごい。
    ピースオブケイクの志乃しかり、ハッピーマニアの重田しかり、ふらふらしてて危なっかしいのになんでこんな引き込まれちゃうんだろう。

    悪気なくネタにされててまあ当人からしたらイヤだよなーと。

    槙くんとのふらふら感もすごいなぁ。

  • 予想通り槙くん暴走。

  • やっぱこうなるよね。少女マンガですもんw

  • いま一番続きが読みたいマンガです。
    岡崎京子が事故して休んでできた私のなかの空席をすっかり埋めてくれたマンガです。

    「当事者」ってこんなものだよなあ。

  • あっちにフラフラこっちにゆらゆら
    次巻はまた新しい男が出てきてたりして.

  • ふらふらしてて足元が覚束なくて不安定で…
    ハル子を見ているとこちらも不安になってきます。
    自分も不確かな存在なのだと思い知らされるみたいで怖いから??

  • ハルコ、ついに帰るのかと思いきや、
    また舞い戻ってきちゃった。
    槙くんと事実上付き合うことになったのかな。
    毎回続きが気になってしまう。
    30でこんなにふわふわしてんのはヤバイなーと思いつつも、30だからと言って地に足がついてる人ばかりではないというのも妙にリアル。
    婚約者の裏切りっていうスタートからずっとどん底だけど、最終的には幸せになってほしいな。

全16件中 1 - 10件を表示

ねむようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
東村 アキコ
有効な右矢印 無効な右矢印

トラップホール 3 (Feelコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

トラップホール 3 (Feelコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

トラップホール 3 (Feelコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

トラップホール 3 (Feelコミックス)の作品紹介

29歳のハル子は結婚破談の傷から逃れるように上京。
しかし意図せず既婚者である同級生と関係を持ってしまい、彼の妻から全裸で追い出されてしまう。
ピンチを救ったのは、路上で出会った劇団員の女の子・歩だった。
歩の部屋に転がり込んで新生活の準備を始めたものの、今度は空き巣に遭い、お金も服も身分証も盗まれてしまう。
いよいよ帰郷するしかないと絶望するハル子だったが、歩にフラれて満身創痍の男・槇に押し倒されて――!?

同じどん底にいる男と、傷を舐め合う第3巻!

トラップホール 3 (Feelコミックス)はこんなマンガです

トラップホール 3 (Feelコミックス)のKindle版

ツイートする