WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)

  • 175人登録
  • 3.43評価
    • (6)
    • (11)
    • (22)
    • (1)
    • (2)
  • 13レビュー
  • 祥伝社 (2016年12月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396766924

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 帯にデカデカと妊娠って。
    面白くなる予感しかなく、期待たっぷりに読んでしまった。
    でも最後は雰囲気終わりで、これでよかったような気もするし、物足りない気もする。
    私はだれ、ばかりな二巻だった。

    ***以下ネタバレ***
    小野薪の中にいる木根に彼氏ができるも、自分も男だしとそれほど真剣ではなかった。
    それが、徐々に思いを寄せ始めたころ妊娠。
    変わっていく二人の立場と、思い。
    木根は最初、小野薪を見下すような嫌なやつだったけれど、意外にも繊細で優しかった。
    小田薪は最初の一年は何も出来なかったけれど、木根と出会い居場所ができると努力家で、無趣味だと言っていたけれど、好奇心は強くチャレンジャーだった。

  • すばらしい、というより、すさまじい。「女子高生になりたい?なってみろよ、ホラどうだ!」とでも言わんばかりの対照的な描かれ方をする本作なので、女性賛美もここまでくると「不当じゃ不当じゃ!」と手をあげたくなる所もなくはないのですが、その岬の向こうの水平線まで、物語がちゃんと見渡しているからすばらしい。すばらしいというより、すさまじい。そして、まぶしい。

  • 入れ替わってしまった19歳の葉菜と40歳の正吾は、それぞれの環境に適応しつつも変わっていく。そして一人が寂しい葉菜は一人が平気な正吾が心配。
    最初は嫌だったのに、混ざり合っていく自分に不安を抱きながら、お互いを大事に思う。そして葉菜が彼氏の城田くんとの間に子供を妊娠し…

    女子高生になったおじさんの方がアクティブでおじさんになった女子高生の方がのんびりあるがままを受け入れつつも変わっていく、不思議な入れ替わりもの。

  • 「いま」、足元なんかぐらぐらでどこにも行けなくてもがいてる、というところを描いた漫画だと思っているので、まぁ正直消化不良の部分もありますが着地はしてんだろうな2人にとってって感じました。

  • どこにも辿り着かなかった

  • スゲー作品だったね。

    「おまえには謎のおじさんとして密接に関わってもらう
    親戚でもないのになぜかよくいるんだ…」

    非常に面白い、入れ替わり作品だった。

  • うーん女の子の中身であるオッサンが"混ざり合う"とか以前に根本的に女々しくて共感出来ずに終わった。オッサンにフォーカス当てるならオッサンの生きてきた背景もっと知りたかった。

  • 「あんたのなりたかった/あんたになってやりたい」「むりだよ//じゃあね」pp48-50
    のあたりが好きです。木根の「じゃあね」の軽さと、その軽さでもって放り出された葉菜の、底なしの不安が愛おしい。

    外的要因によって形づくられる内面、不定形で曖昧な「わたし」を受け入れて、自分を生きること

    そういう話を描き切って、素晴らしい作品だとおもいます。「わたし」が不定形で不安定なモヤモヤしたものである、ということはとてつもなく恐ろしくて、同時にそれは、あらゆる変化への希望を内包するということ。

    あらすじ的なことを書いておくと、1巻では地味な女子高生の葉菜と、捻くれた中年男性の木根の中身が入れ替わって、葉菜(元中年男性)は若い女子の体を活用して読者モデルになり、木根(元女子高生)はまっさらな人生をどう生きていいか分からず途方に暮れてた。
    2巻では、それまで入れ替わった体を楽しんでいた葉菜(元中年男性)が、自分がきえてしまう/自分が誰になるかわからなくなる不安に怯え、一方で、元女子高生で中年男性になった木根が、変化してゆく自分を受け入れ馴染んでいく描写がされる。この対比はすごく意地悪だなあと思って読んでたんだけど、この「意地悪だなあ」を上手く説明できない。
    もうちょっと咀嚼する必要はあるかな。

    最終話の"わたしたちは毎日/会い すれ違い/見聞きし 触り/そのたび 心も体も/誰かに入り込まれて/心よかったり/痛かったり/きもちよかったり/わるかったり/それでどうして/わたしが独りだと/いえるだろう"のとこも好きです。

  • 生まれ変わってからの人生のが長い、というのがなんだか。あぁ、そうだよなぁって。
    それはもう仕方のないことで、たぶんもう一生、元の体には戻れない。
    でも二人が近くにいることで何かしらの均衡は保たれるんだと思う。いつか入れ替わったこと自体を忘れてしまうんだとしてもね。

    ラストはよくある「読者の想像にお任せパターン」だったけど余韻で楽しめた。
    先のことなんてどうでもいいのだ。
    この作品は、いつか当事者の二人でさえ忘れてしまうであろう、「入れ替わったという事実」を描いた漫画だったのだから。
    と、思うトモコ信者であった。

  • えっこれで終わり?

全13件中 1 - 10件を表示

ヤマシタトモコの作品

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)を本棚に登録しているひと

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)の作品紹介

入れ替わった体で妊娠。
「知らないわたしになる」

小田薪葉菜(19)と木根正吾(40)の体が入れ替わって2年。
読者モデルとして活躍する現・葉菜には〝彼氏〟ができた。
デザイナーの卵・城田裕策。
男の自分が冷めた気持ちでいる反面、
女の自分は、彼に惹かれていた。

一方、編集部で少しずつ仕事を覚えた現・木根は
〝記憶喪失の人〟を脱し、
努力家の素直な男として周囲に愛され始めていた。
しかし、もはや誰かと恋をしたい少女の自分はどこにもいない。

2年前の少女は、男は、
また違う生き物になりつつあった。

そんな頃、葉菜は生理がきていないと気づき——!?

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)はこんなマンガです

WHITE NOTE PAD 2 (フィールコミックスFCswing)のKindle版

ツイートする