違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)

  • 249人登録
  • 4.30評価
    • (22)
    • (15)
    • (6)
    • (0)
    • (1)
  • 14レビュー
  • 祥伝社 (2017年11月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396767174

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤマシタさんの空白とかモノローグとかほんと好き…。ちょっとキーになっている「悲しくなれば」とか、なにがしかを含めた言い回しとかっていうことに、子どもの頃出会いたかったな、と思った。でもやっぱりそれは大人になったからそう思うんだろうな。

  • ヤマシタ先生の独白が好き。
    料理とか掃除とか日常が書かれてるのがとてもいい。
    巡って戻って来たなという感じ

  • ヤマシタさんのことばの強さが好きなのですが、
    少女小説家という設定もあってこそれが活きている感じがして、なんだか清々しさもありました。一方でうまくことばにできないことみたいなのも描かれていて面白かった。二人のほかに出てくる二人も魅力的でした。

  • 店頭でこのコミック見たとき、性別違いかなと思ったんだけど、どちらも女性でした。嫌いだった姉の子を引き取った30半ばの小説家。彼女と姪(血のつながりはまだはっきりとせず)の同居。あまり会ったことのない親戚だとお互いかまえちゃうよね。これからどんな展開になるのか。ちっともわからん(笑)

  • ちょっと基本設定が吉田秋生先生の「海街diary」に似ているかな?
    (まぁ最近だと「うさぎドロップ」もそうですし独身者が突然子供を引き取って一緒に生活する物語は昔からありますよねw)

    でもそこは流石ヤマシタトモコ先生!

    今登場している4人のそれぞれの個性が素晴らしすぎますw
    (中でも小説家の「物事ははっきり言うけど人見知りで基本ヘタレ」ぶりが可愛いw)

    うーん、ハズレ無し。ヤマシタトモコ先生!
    今後も期待です。

  • 2017.11月。
    姪と叔母の同居。
    おもしろい。
    この人たち好きだ。

  • 鳥カツ食べたい

  • わたしはいつになったら大人になれるのかなあとか。でも、わたしも観察日記は大人になってからのほうが楽しいと思う。そう思えるだけ大人になったのかなあ。

  • やっぱりヤマシタ先生は天才だと思う。

  • 初ヤマシタトモコ。
    槇生と朝の会話のテンポと空気感が好き。早く次巻読みたい。

全14件中 1 - 10件を表示

ヤマシタトモコの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
ヤマシタ トモコ
有効な右矢印 無効な右矢印

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)はこんなマンガです

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)を本棚に登録しているひと

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)を本棚に「積読」で登録しているひと

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)の作品紹介

「へんな人と
暮らしはじめた。   

お父さんとお母さんが  
死んだので。」 

35歳、少女小説家。(亡き母の姉)
15歳、女子中学生(姉の遺児)。

不器用女王と子犬のような姪が
おくる年の差同居譚。
手さぐり暮らしの第1巻! 
 

少女小説家の高代槙生(35)は    
姉夫婦の葬式で遺児の・朝(15)が  
親戚間をたらい回しにされているのを
見過ごせず、勢いで引き取ることにした。

しかし姪を連れ帰ったものの、
翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。
槙生は、誰かと暮らすのには不向きな
自分の性格を忘れていた……。

対する朝は、人見知りもなく
“大人らしくない大人”・槙生との暮らしを
物珍しくも素直に受け止めていく。

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)のKindle版

ツイートする