蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)

  • 192人登録
  • 4.31評価
    • (22)
    • (16)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 彩景でりこ
  • 祥伝社 (2016年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396784003

蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大学の同級生(悪友?)との事といい、確実にメスな素質あり(典彦仕込み)だったのか坊ちゃん…そんな中で結婚したのはいいけど関係を持てず。嫁のさち子さん気立ても良いし、芯も強くて典彦とやり合えるぐらいメンタル強いけど育朗の母親みたいに壊されないか不安。
    典彦は育朗に子供を作らせたくないのか、蘭蔵(遺産相続人だけど)と関係を進めるし鬼畜か。
    そしてラストついに典彦に陥落してしまったので、ほんと彼の計画通りで嫁のさち子と頭をかかえるしかない。

  • june最高。時代物、白痴、妾腹の兄、主従、横溝正史の小説に出てきそうな旧家と萌えの宝庫。使用人の育朗を蛇のように愛でる様が異様で仄暗くて、その先に何があるのか怖いけど覗かずにはいられない。でりこさんはやっぱりこういう一癖も二癖もある関係性(一対一ではなく複数が微妙に絡み合う関係)が上手いし本当に好きです。

  • こうゆう主従関係、大好物です!

  • 登場人物が増えて、どんどん話に奥行きと幅が出てきて読み応えありました。
    過去に遡り、當間家の闇の真相もさらに掘り下げられて描かれていました。
    やっぱり育郎が母親に食われた場面はインパクト大でしたからね…ホラーですよ!あれがトラウマにならないわけがないです。
    母親が父親と蘭蔵に対して抱いていた憎悪が、育郎にも不幸な影響を与えてしまったんですね。怖いし辛い…

    大学生時代の育郎の姿も見ることができました。めちゃイケメンともうちょっとで…!みたいなw完全にあれは典彦不足のせいだよね。イケメン不憫。
    あと、衝撃は家のためのさち子との結婚でした。さち子も不憫。気丈な女性ですが、今後心が折れることがないといいなと。
    その二人の存在で、育郎が典彦にますます依存していることが浮き彫りになっていました。
    典彦の本心が気になります。愛しているのか、壊そうとしているのかまだ不明…
    典彦は一体どうしようとしているのか、謎が深いです。

    エロ的には、とにかくエロかったの一言。淫靡通り越してなんだか背徳感MAXなものを見た気がww
    なぜ、座敷牢なのか⁉リバースした後なのか⁉育郎が欲しかったものがすべてあった場所で、という二人の萌えポイント?考えれば考えるほどありえなくて、逆にエロいです。
    典彦にはすごくマニアックなものを感じます…
    蘭蔵くんの方も気になる展開なので、続きをとにかくプリーズです!

  • 隙のない育郎の綻びを見つけた学友の飯田。當間家に嫁いできたさち子。育郎の腹違いの兄蘭蔵の世話をする西浦。登場人物が増えてきたけど
    育郎がすがれるものは典彦……
    しかしさち子は育郎の母とは違って強い女性なのかも…?ちょっと期待。とにかく育郎が、幼い時から心休まる時がないので何とかしてあげて…典彦との一時の快楽は本当の意味での幸せなのかどうか……
    まぁ結局一番悪いのは亡くなったお父さんです今のところ。
    あと典彦の目的が本当に言ってる通りなら育郎のためにはならないのに、それでも押し通すのは他者の不幸の上に自分の幸せが成り立つ……?でも育郎にとっては必ずしも不幸ではないのか、そうか。

全6件中 1 - 6件を表示

彩景でりこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)を本棚に「積読」で登録しているひと

蟷螂の檻 2 (onBLUE comics)のKindle版

ツイートする