百と卍 (onBLUEコミックス)

  • 285人登録
  • 4.22評価
    • (34)
    • (19)
    • (14)
    • (1)
    • (1)
  • 20レビュー
著者 : 紗久楽さわ
  • 祥伝社 (2017年2月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784396784072

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

百と卍 (onBLUEコミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 江戸のBLは最近なかったなあと思って購入。何より絵がエロい。これ続き物だったんですね…ももと万次のお話はもっと読みたいので次巻も楽しみ。

    帯ではイチャイチャを前面に売り出していたからひたすらイチャイチャしてるのかな〜と思いきや、百の過去が割としんどかった…。(甘々の中にちょうど良いスパイスかな)

    百は甘えん坊そうに見えて結構ちゃんとしていて、万次さんもなんも考えてなさそうでちゃんと百のことを1番に考えてるところが好き。

  • 淫猥で妖美的、且つ華やかさと明るさを兼ねそろえた一作。

    紗久楽さわさんの描く人々は、太腿がお美しい。そして何より研究し尽くされた江戸の雰囲気。
    そこらの下手な時代物などとは比べ物にならないほどの美しい時代背景。

    「おいど」やのばしたり同じもじが使われる際の文字、お百の独特な喋り方。

    卍兄のお百を可愛がる気持ちや、切ないまわしと蔭間の絡み。
    切なさから泣いてしまいました。

    少年という細く美しい蔭間の背徳感や、成長し年季を終えた後の明るさ。全てを兼ね揃えていてよかった。

    月代など、さわさんの独特なこだわりやしっかりと様子を捉えた素晴らしい一作でした。

    今後も続くようなので、次巻での卍兄とお百の可愛らしい絡みや、妖美で淫らな濡れ場、卍の過去編。
    とても楽しみに待っていたいなぁと感じました。

  • 面白かったー

  • 江戸時代の男色を下敷きにしていて、そこはかとなくリアリティがあっていい作品でした。
    個人的には2回は読んだ方がよく分かる気がする。
    時代を感じさせる言葉遣いでエロの単語が上品に聞こえるのが素敵で猛烈に萌えた。
    話題になってたし可愛い受け嫌いだしなあと思ってたけど、男の子的な可愛さが際立つ子で、彼よりも非力なキレイ系が攻めなのがいい感じだった。薄い着物で透けちゃう尻のラインとかいいわ〜次も読む気がする。

  • 【これはすごい漫画だ…(゚ロ゚;)】
    言葉遣いから服装から小物から、しっかりと時代背景を調べて本格的に書いているように感じる漫画でした。評判が高い理由がよくわかりました。強いて言えば、わかりづいらいコマが多かったのでスルスルは読みづらく読むのにエネルギーを要しました。

  • 2017/04/17
    前評判が良過ぎたかなー、期待し過ぎたかも。
    それでも兄と百樹の話はとても切ない。
    卍が一心に百樹に惚れているのも良い。お互い惚れまくってるのに切ない感じがたまらない!
    これからが楽しみ!

  • 時代物好きなので良かった!兄との話がせつない~

  • ももの身体が女の子みたいです。陰間設定だからなのかな。

    その陰間について詳しくなってしまいました。きっちり描いてあるBL漫画は読むのが初めてです。痛いのが苦手なのに、なおかつ兄って恐い話になりそう(わたしにとって)でしたが、卍さんが色気と共に救ってくれました。

  • 本当に春画みたいな再現度! 春画に詳しい友人曰く時代考証もしっかりしているのこと。ついに髷が受け入れられる時代になったんだなぁと感慨深い。艶っぽくて素敵。

  • 自分にはちょっと前評判が良過ぎた感じ。百が健気で朗らかで可愛かった。

全20件中 1 - 10件を表示

百と卍 (onBLUEコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

百と卍 (onBLUEコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百と卍 (onBLUEコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

百と卍 (onBLUEコミックス)の作品紹介

極上、あまエロス。
「もう、二人を見守る障子になりたい…」(担当編集)

伊達男×陰間あがり
溺れるほど幸福で、愛おしい日々


時は江戸時代・後期。
真夏の蒸し暑くせまい長屋で、
熱い吐息交じりに
まぐわう男がふたり――。

元・陰間の百樹(ももき)は、ある雨の日に
卍(まんじ)に出逢い拾われた。

陰間の仕事としてではなく、
やさしく愛おしく
恋人として抱かれる瞬間は
まるで夢のようで、
そんな日々に百樹は
幸せでいっぱいなのだった。

たとえ過去に、
どんなことがあったとしても。

江戸漫画の革命児が描く、
初のBL作品、満を持して発売!

百と卍 (onBLUEコミックス)のKindle版

ツイートする