旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)

  • 23人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 上村静
  • 新教出版社 (2011年11月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (381ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784400300021

旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ神学への船出 002 の本。

    聖書とは何かということを、否定ではなく、批判的にまとめた本。今までもこのような本はなかったわけではないが、最近神学の本が少なくなっているので、発行年での神学の現状を加味して、書いてあるところがよい。また、信仰があることを前提に書いていないところも好感をもった。

    旧約聖書については、ユダヤ人の歴史や背景とともに、それぞれの聖典がどのようにして成立していったのかを、モーセ五書とそのほかで解説している。新約聖書については、イエスと教会の成立、パウロの神学について、そしてそのほかの聖典についてまとめている。

    最後に、神学とは何かという題での考察もしている。内容は400ページ弱に詰め駒中ければならないので、どうしても1つ1つのことが薄くなるのは仕方がないが、全体をおさえること、キリスト教の負の部分もまとめて知るためには良い本ではないだろうか。

    個人的には最近、図解の本が増えていたので、せっかくならば図解で説明してもと思ったところが何回かあった。まあ、仕方ない。

全1件中 1 - 1件を表示

上村静の作品

旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)を本棚に登録しているひと

旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)を本棚に「積読」で登録しているひと

旧約聖書と新約聖書 (シリーズ神学への船出)はこんな本です

ツイートする