希望の倫理

  • 2人登録
制作 : 福島揚 
  • 新教出版社 (2016年12月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (470ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784400407386

ユルゲン・モルトマンの作品

希望の倫理を本棚に「読みたい」で登録しているひと

希望の倫理の作品紹介

希望の地平において行動するために

モルトマン神学の中核に位置する変革的終末論の全面展開。現代世界を脅かす様々な難問に立ち向かう大綱的な行動指針を導き出すとともに、究極的な平和と安息のヴィジョンを提示する。


バイオ技術と生命操作、開発と環境破壊、広がる格差と紛争、テロと管理社会など、複雑で困難な課題が山積する現代世界に対して、キリスト教はいかなるメッセージを発しうるのか。終末論的に生きることの真の意味、そこに秘められた希望とエネルギーを聖書から捉え直し、21世紀の神学的倫理を構築しようとする意欲作。

『希望の倫理』(1964年)によって華々しくデビューした著者は、その後次々と意欲的な書物を通して戦後神学界をリードしてきた。そして40年後、自らの神学的営為を総括する倫理学を発表した。それが本書である。

ツイートする