天国と地獄の離婚―ひとつの夢

  • 12人登録
  • 3.83評価
    • (3)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
著者 : C.S.ルイス
制作 : C.S. Lewis  柳生 直行  中村 妙子 
  • 新教出版社 (2006年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (214ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784400623540

天国と地獄の離婚―ひとつの夢の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『ナルニア』のC.S.ルイスがキリスト教における死後の世界を描いたアレゴリー小説。読解力がないので寓意は苦手なのだけど、巻末の柳生先生の解説をよく読めば、ルイスの主張を把握することは出来た。宗教哲学アツい。

  • 言葉の端々がグサグサきました。

  • バスに揺られ揺られて、どこかの地へ。
    バスに乗る時もそうでしたが、乗った後も
    何だか描写が変だ…とは思っていましたが
    予想通りの状態でした。

    注釈がついていますが、それよりも
    一体何がどうしてどうなっているのか
    さっぱり分かりません。
    そこを念頭に入れないで読んでいっても
    何がしたいのか、どうなりたいのかが…。

    宗教の違いだ、という事で片づけましたが
    斜め読みしてしまったので、さらにさっぱり、です。

全5件中 1 - 5件を表示

C.S.ルイスの作品

天国と地獄の離婚―ひとつの夢を本棚に登録しているひと

天国と地獄の離婚―ひとつの夢を本棚に「読みたい」で登録しているひと

天国と地獄の離婚―ひとつの夢を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

天国と地獄の離婚―ひとつの夢を本棚に「積読」で登録しているひと

天国と地獄の離婚―ひとつの夢はこんな本です

ツイートする