マリリンマンソンの言葉

  • 30人登録
  • 3.32評価
    • (1)
    • (5)
    • (12)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : Chuck Weiner  村上 ひさし 
  • シンコーミュージック (2000年9月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (140ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784401616565

マリリンマンソンの言葉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • マリリンマンソンのCDを聴いていて感じた事が書かれていた。
    魅力的なバンドだと思う。
    誰しもが持っている感情の一部を表現しているのだと感じる。
    そして、キリスト教についての見解も、私にはそれなりに理解できる。
    かっこいいと思うし、知的であるとも思う。
    読んでいて、少し青い感じはしたけれど、それも含めて面白い。
    私は彼らの音楽が好きだ。

  • マリリン・マンソンの音楽を1フレーズも耳にしたことがないのに、ふらりとページを捲ってみたら吸い込まれた。
    性的倒錯者を祖父に持ち、キリスト教を信仰し、殺人鬼とポップカルチャーの話題が新聞トップを飾る銃まみれの国アメリカに生まれたマリリン・マンソン。

    アメリカのあり方、何より自分自身のあり方に疑問を持たずにはいられなかった幼少期、ニーチェやフロイトを読み、敬愛するミュージシャンたちの音楽を聴き続けて、マリリン・マンソンになった過程は、ストーリーを持たない「言葉集」なのに読み応えがあった。

    頭がいいって表現はふさわしくないのか。とても冷静に自分自身と他人と全体主義の世界を見ている。見ているだけじゃなく、発信している。

    気が向いたら、マリリン・マンソンの音楽を聴いてみようと思う。
    気が向かないと難しいと思う。ビジュアルが、怖い。
    でも、言葉集は素晴らしかった。この印象のギャップもまた、彼が確実に仕掛けたパラドックスなんだな。

  • 大王様のお言葉いろいろ。当時は1回目の婚約中でしたね(懐

  • タイトル通り、アメリカのアーティスト、マリリン・マンソンの言葉を収録した著書。<br>
    出版されたのがけっこう前なのでまだまだ意見が青臭いが、しかしファンは必見。<br>
    見つけたら買うべし。

  • マンソンさんの語録集。
    けっこう凄いこと考えてんだな、とかいいこと言ってるなって思ったよ。
    ぶっちゃけ自伝見たりして予備知識つけてからの方がいいかも。

全5件中 1 - 5件を表示

マリリンマンソンの言葉のペーパーバック

ツイートする