ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィー

  • 13人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : 湯浅恵子 
  • シンコーミュージック (2010年2月6日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (438ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784401633586

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジャズ初心者には厳しい本。
    もうちょっとジャズを聴きこんだり、音楽理論に明るくなれば楽しめるかも。
    (エヴァンス作品としては、「Sunday At Village Vangard」の「Alice in wonderland(take1)」がおすすめ)

  • 彼の音楽が好きで、よく聞いていて、そんな彼をもっと知りたいと思い、読んだ本。偶然にも彼がなくなった年は自分が生まれた年でそんなリンクも偶然に思う。

    やはり、一流は一流と繋がるという観点で、マイルスやコルトレーン等との繋がり、彼が生み出した曲の背景、コンセプト等を具体的、時系列に理解できる本。

全2件中 1 - 2件を表示

キース・シャドウィックの作品

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーを本棚に登録しているひと

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーを本棚に「積読」で登録しているひと

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーの作品紹介

"もっとも影響力のあるモダン・ジャズ・ピアニスト""モーダル・ジャズ隆盛期の重要な演奏者"本書は、ビル・エヴァンスの広範囲で、実に興味深いキャリアを、1950年代のフリーランス時代から、先駆的トリオとソロ・レコードを経て、1980年の死を前にした熱烈な最終段階に至るまでを詳細に綴った研究本である。

ビル・エヴァンス ミュージカル・バイオグラフィーはこんな本です

ツイートする