ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?

  • 15人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中山康樹
  • シンコーミュージック (2015年7月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784401641734

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

全1件中 1 - 1件を表示

中山康樹の作品

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?を本棚に「積読」で登録しているひと

ウィントン・マルサリスは本当にジャズを殺したのか?の作品紹介

「マイルス・デイヴィスに最も近い日本人」と言われ、マイルスに関する多くの著書を書き続けた中山康樹が急逝。あとに残された原稿は、意外にもウィントン・マルサリスのジャズを論じたものだった。日本のジャズファンが忘れ去った天才に、中山が最後にこだわったのはなぜか?ウィントンのなにが、病床の中山を鼓舞したのか?この「謎」は解けるのか?

ツイートする