女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~

  • 15人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 荒俣宏
制作 : ゲアダ・ヴィーイナ 
  • 新書館 (2016年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403120251

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • まずひとつ、ゲルダや同世代の人々の絵がカラーで沢山観られるということは強く評価したい。それでも、LGBTの無遠慮な扱いが全編にわたって続く印象で、何とも言えないもやもやが残る。

    彼女の絵がアイナー/リリーをモデルにして描かれたことは確かだと思う。実際にリリー亡き後彼女の人生は急に没落するし。彼女の絵や姿勢に、セクシュアリティが反映されているというのもそうだと思う。

    それでも、ゲルダの官能的な絵が「異常な」セクシュアリティから来ているのだ、と言わんばかりの結論には少々辟易した。今時そういう無遠慮な書き口は、批判されてもおかしくないと思う。

    リリー・エルベは本を残しているので、彼女の考えは辿りやすいはず。『リリーのすべて』だって彼女の側に立って書かれていた。この本は妻だったゲルダを表題に含めているので、知らなかった「ほんとうのゲルダ」を紐解けるのかと思ったら、全くそんなことはない。ゲルダがこう思ったのだろう、こうだったのだろう、と推測ばかりで、わたしの苦手な謎の独自研究のオンパレードだった。

    もっと淡々と事実を書いてくれればもう少し良作だったと思う。巻頭のカラー絵だけで本代はペイできると思うが、本文を読んでしまったのでかなり消化不良で終わっている。

  •  名も知らぬ女流画家というか、そのモデルについての本なのだが、著者が著者なので手に取った。
     表紙をはじめとしてゲアダの描く女性の絵と、短いキャプションが10数ページは続く。2ページで「おや?」と思い、3ページ目では「これはすごい本なんじゃないか」とどきどきし始める。
     写真が主流となる前の絵にエロティクスを求めていた時代。
     女性がコルセットを脱いで、スカートの丈が短くなる時代。

     一人の人間が、人格を持って生きるというのはどういうことなんだろう。

     リリの生涯を見ると、まるで「物語のように作られた」ものだなぁと感じる。
     彼女はあの時代を生きたのか、あるいは生かされたのか。

全2件中 1 - 2件を表示

荒俣宏の作品

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~を本棚に登録しているひと

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~を本棚に「積読」で登録しているひと

女流画家ゲアダ・ヴィーイナと「謎のモデル」 ~アール・デコのうもれた美女画~はこんな本です

ツイートする