美少年学入門

  • 10人登録
  • 3.38評価
    • (1)
    • (1)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 中島梓
  • 新書館 (1984年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403220227

美少年学入門の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 確認先:府中市立中央図書館

    中島梓がタッチしていた『JUNE』・『Comic Jun』での連載をまとめた本。1980年代のJUNEの現場で「美少年」がどのように扱われていたのかを知る上では基礎的な文献と言っても差し支えないであろう。

    本書は大きく分けて3つのセクションから成り立っている。
    1つ目は美少年の系譜とその輪郭、2つ目には美中年(いい中年男)に対しての幻想とそれを通過した後の女性・そして赤子へといたる系譜、そして3つ目には少年愛の幻想についてのコメンティングへと流れていく。

    本書が四半世紀を越えてもなお、読者に提供するものは多い。今もなお繰り返して生産される「美少年」の物語にオーディエンスがどのような幻想を抱いているのか、繰り返し消費される少年愛は何を紡いでいるのか、といった具合に。

    多くのBL研究では古典として紹介される傾向が強いが、確かにそうなのである。まるで、ベネディクト・アンダーソンの『想像の共同体』を読むかのような新鮮さを感じてしまうのは事実だ。しかしその感想だけが一人歩きをしているなとも今回読み直して気がつかされた。

全1件中 1 - 1件を表示

中島梓の作品

美少年学入門はこんな本です

美少年学入門の文庫

美少年学入門の文庫

ツイートする