小説道場〈1〉

  • 41人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (10)
    • (15)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 中島梓
  • 新書館 (1986年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784403220265

小説道場〈1〉の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 図書館で。こないだ栗本薫著書全レビューというサイトを友人に教えてもらって面白かったのでじゃあ何か読んでみるべや、と借りてみました。うん、面白い。でも栗本先生(じゃなかった。ここでは中島先生か?)のタメになるお言葉も晩年の栗本先生は覚えてなかったらしいのはファンとしては残念だったろうなぁ。

    フィクションは現実じゃないんだよ!むしろ現実と乖離したフィクションだからこそ読みたいんだよ!という熱い思いと、フィクションだからこそその世界観をきちんと作りあげないと全部嘘っぱちになって面白くなくなるという主張には本当にその通りだと、良いこと言うなぁと思いました。ただ…そう主張したご本人が…以下略というのは大変残念だったろうなぁとは思うのですが。

    個人的には一昔前の同人誌のフリートークか後書きみたいなものを彷彿させるなぁなんて思いました。反対か。この文章を読んで同人作家はこんな感じの文章を書くようになったのかなぁ…。栗本先生…もとい中島先生の影響力ってすごかったんだなぁ…しみじみ。

    個人的にはJUNE少女でもBLスキーでも無いので(雑食なので読む分にはあまり抵抗はないけどこの分野だけ読みたいとかそう言う嗜好はナイ)こういうジャンルを求め、同士を求めて苦労した!という感覚はよくわからないのですがこの当時の先生は熱い想いで小説を愛していらしたのだなぁという事はよくわかりました。でも個人的にはそこかしこに隙あらば自分を持ちあげようとする自慢が出ていてその辺りは多少鼻に付きましたが。
    今のようにBLなんて言葉もなく、ヤオイがマイナーだった頃の渇望、今市子さんのエッセイ漫画にもあって面白かったななんて思いました。

  • JUNEのための小説道場だけれども、小説を書こうと思っている人は(JUNEにアレルギーがなければ)読んだほうがいい本。小説に限らずほかの創作も含めたほうがいいかもしれない。原稿の書き方なんて言う基礎のところからビシバシ。

  • BLを作り上げた元祖のような方によるBL小説指南。
    まさかラブシーンの指導もあるとは……。
    全体的に語気強い語りで、身が引き締まります。

  • 中島梓先生が第一線で活躍されていた時代の、ノリノリな空気が伝わってくる。いい時代があったんだなあ。
    小説を書く上での、具体的なテクニックが惜しげもなく紹介されている。
    普遍的な技法もある。読者にとってわかりやすく説明を入れたり、文章をひらがなに開いたり。
    ただ、今現在そのまま取り入れるのはちょっと、というテクニックも。
    時代の流れですな。

  • 私の物書きのお師匠Sさまから薦めて頂いた本。評価してある実際の作品が載っているのがいい。

  • 『小説道場』全3
    「JUNE」に投稿された作品批評

全6件中 1 - 6件を表示

中島梓の作品

小説道場〈1〉に関連する談話室の質問

小説道場〈1〉を本棚に「読みたい」で登録しているひと

小説道場〈1〉はこんな本です

ツイートする